スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実用一点主義 

■物理系参考書中毒患者スレッド(アルファルファモザイクより)

自分は、読む予定のない本は買わない主義。
シリーズにはこだわらないので、分野によって著者がバラバラ。
したがって、本棚が美しくない。

ところで、経路積分の教科書は挙げられてないの?
ファインマン・ヒッブスとかシュルマンとか。
スポンサーサイト

コメント

個人研究費の消うわなにをするやめろ

最近は使う本だけだね、たしかに。
複素関数と特殊関数の本と、
Colemanの"Aspects of symmetry"とか買いますた。しかしゆっくり読む暇はないw

最近は古いPhysics Reportは30$払って買ってたりする。

うちの図書館で「非平衡系の統計力学」が9年間、
誰にも借りられずに鎮座してました。

自宅は「ランダウ・リフシッツ」「応用数学」
「現代の物理学」に加えて、最近は「現代の天文学」が
毎月届く状況。

「現代の物理学」「現代の天文学」は使わない巻がありそうだけど、
変な事を考えると開く事があるのでやはり必要。

業界を離れる時にオークションに出したら、幾らになるだろう。

>個人研究費の消うわなにをするやめろ

しかし本当に欲しい本(洋書とか)に限って手に入らないという現実。まぁ欲しい本がマイナーなジャンルだったりするのがいけないんだけど。確率過てうわなにをするやめろ

J.J.SakuraiのAdvanceとか買ったけど、読む暇がないorz

ざっと見回してみたところ、自分の棚には流体関係の教科書がない気がする。今度はそのへんそろえてみるかな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/701-a95f3628

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。