スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな「少子化対策」に期待できるわけがない 

■若い世代の声聞き 少子化対策(痛いニュースより)

同じようなことを何度書いたかわからないけど、僕は少子化問題は若者が結婚しないから起こると思っていて、若者がなぜ結婚しないのかと言えばそりゃ金がないからだと思うわけですよ。要するに雇用を何とかしろよってことなんですが、お偉いさんにはそれがわからんのでしょうか。

というわけで、このニュースには少し期待していたのですが…

    このため、上川大臣は、全国の大学や企業それにNPOなどを回って若い世代の声を直接聞くことになり、9日、東京にあるお茶の水女子大学を訪れ、大学生の結婚や出産に対する考え方を聞くことにしています。

これはもうダメかもわからんね。きっと子育て支援とか育児休暇とか出産後の再雇用とか、そういった話題しか期待していない感じだな。

公式サイトの文章や答弁の記録なども色々見てみたけど、

少子化対策 ― 参院予算委で初答弁
最近の新聞報道から
少子化に国政はどう取り組むのか
自民党女性局立党 50 年プロジェクト 少子化政策「子どものための提言」

この辺を見る限り、期待は全くできないなと思った。
特にこれ

    ――経済的な不安から結婚したくてもできないニート、フリーターの若者は多い。行動指針に対策は盛り込まれるか。
    非正規雇用の若者らの問題は専門家会議で議論されている。当然、対策は盛り込まれるだろう。

という雇用の問題はウチの管轄じゃないよとでも言いたげな答えをしていたのには失望した。

とりあえず、国民がみんな結婚する前提でこの問題を議論するのはいい加減にやめれ。本質的な問題はその前段階で起こってるんだよ!
なぜそれがわからない。

あああと、女性はキャリア志向が強くなると子供の存在が足かせになるから、子供を持ちたくなくなるという経験則(※)が自分の中にはあるんだけど、そんな自分からしてみたら、今の日本の男女共同参画は少子化をグングン推し進めているようにしか見えないんだけどなぁ。

だから「少子化対策・男女共同参画」担当大臣って言うのが信じられない。
存在自身が矛盾してるとしか思えない。
まるでソレスタルビーイングだ。

そんな俺の言葉など、上川大臣は聞く耳持たないでしょうね。
はいはいフェミニズムフェミニズム。


(※)「そういう女性のための『少子化対策』だろ」
という突っ込みが来そうだったので答えてみる。

キャリア志向の女性達は基本的に「仕事>家庭」なので

「自分の代わりに子供を産んで
 自分の代わりに育ててくれれる」


レベルの『少子化対策』じゃないと子供を持つ気になってくれないと思いますよ。
つーかこれじゃ誰の子供だかわからねぇよ。
スポンサーサイト

コメント

本来、結婚すると2人で暮らすから、単身より生活は楽になるはずなんだよね。
だから、お金がないから結婚できない、というのは実はかなり変な話で、
結婚と結婚生活はお金がなくてもできないといけないのよね。

キャリア女性はまだまだ出産(≒休職)が不利になる以上は仕方ないと思う。
仕事>家庭は間違いないけど、
それは必ずしも仕事>子供ではなくて、
産みたいけど産めないというのがかなり多いです。(もちろん、女性の意識の問題もあるのだけど、女性の場合は考え方の分散が激しいので、キャリア志向と、ぶら下がり志向が足を引っ張り合ってる状態でしょう)

雇用の柔軟性と、教育費が鍵だと思ってるけど、前者は労働組合がきっちり護るので厳しいね。
あと、男のみが稼ぐモデルは年功序列が機能してないと無意味。マクロ経済的にはもう駄目でしょう。

ニートフリーターは数で言えばまだまだ少ないので、正社員が結婚しない理由を考えるべきでしょうね。

経団連的には、優秀な労働者は富裕層(年収と結婚率・子持ち率にははっきり相関が出てるので)が供給してくれるし、足りない分は外国人でまかなうのでおk。

そんなに考えずにレス

>結婚と結婚生活はお金がなくてもできないといけないのよね。

そうであって欲しいんだけどね…
今は完全に教育費がネックになってるからなぁ。
適当に試算したら1600万かかるって。(´Д`)
参考:http://www.82bank.co.jp/hp/menu000000300/hpg000000227.htm

幼稚園~大学まで全部公立でこれだから、
私立なんぞに通わせようものなら…

東大で低所得家庭の授業料免除を始めるらしいけど、
とにかくその辺(教育)の建て直しは必要でしょうね。

それ以上に、会社の利益の分配の仕方をどうにかすべきだと思ってるけどね…

>仕事>家庭は間違いないけど、
>それは必ずしも仕事>子供ではなくて、
>産みたいけど産めないというのがかなり多いです。

この点に関しては、統計が取れるほど調査をしたわけじゃないので、多分自分の周囲のサンプルが偏っていたということなんでしょうな。

>経団連的には、優秀な労働者は富裕層が供給してくれるし、足りない分は外国人でまかなうのでおk。

経団連はいつか手痛いしっぺ返しを食らえば良いと思ってるけど、そうはならないだろうなぁ…

>>経団連的には、優秀な労働者は富裕層が供給してくれるし、足りない分は外国人でまかなうのでおk。

>経団連はいつか手痛いしっぺ返しを食らえば良いと思ってるけど、そうはならないだろうなぁ…

しっぺ返しを食らう方法.

1. 優秀な人材が外資系企業に大量に流れる事.
2. 国際標準を満たせず,国際市場から締め出される事.

セキュリティの観点からすると,2 は無くも無い気がする.
国家予算からの教育費への出費の少なさが問題になるけど,
日本企業での『セキュリティ教育』の予算もうんと少ないんです.

「こんな危ない企業と組めるか!」となったらまずいじゃないのかな.
絶対的な基準とは思わないけど,例えば
https://www.isc2.org/japan/
で日本の有資格者が,経済規模の割に少ないと思いませんか?
#無理をしてでも取りに行くべきなのかなぁ.

私が適当に計算したら子供1人3000万以上かかる計算です。
中学生になったら新聞配達させればいいんでしょうが、ネット社会になってるので新聞自体が無くなり・・・あ、話がそれました・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/647-3cbf5a59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。