スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターなんとか 

とある将棋の対局を見ていたときのこと。
一方の玉が詰めろにかかっていることに気がついた。

対局者は詰めろに気がついていないようだった。

幸い、自分にはこの詰めろを逃れる手を思いつくことが出来たので、
詰めろに気がついていない対局者にそのことを指摘した。
しかし対局者は自分のアドバイスを聞かず、飛車取りの手を打とうとした。

それは悪手であることは考えればわかることだったので、
自分は長考してもいいからその手を打たないで欲しい、と頼んだ。
しかし、長考した後に出てきた結論はやっぱり飛車取りの手だった。

仕方がないので、今後の展開がどうなるか一手一手教えてやった。
それでも飛車取りの手を打ちそうだったので、今度はその対局者の
師匠を呼んで同じことを指摘することにした。
師匠も自分と同じ意見に達し、対局者を説得するよう試みた。

しかし対局者は我々の言葉には耳を貸さず、目先の利益にこだわり、
飛車取りの手を打とうとするのでした。
まぁ普通の将棋で横からアドバイスなんぞしようものなら、
色んなところからからフルボッコなのは間違いないところですが、
これはまぁたとえ話なので許してください。

しかし、ウチは巷と逆のパターンになることが多いな。
最初は怒りを感じるのだけど、それが一通り過ぎ去って
今後に思いをめぐらせると、たまらなく哀しくなる。

どこに逃げても王手がかかり、それが逃げ場がなくなるまで続く。
文字通りの詰め将棋が始まるわけか…

これがただの将棋だったらどんなに良いことか。
スポンサーサイト

コメント

タイトルが気になるので

kwskしてもいい?

うちも似たような状況...

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/627-3b318a9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。