スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんておそろしい子… 

■美内すずえと「ガラスの仮面」展

に行ってきた。最終日ギリギリ。
劇団つきかげの公演は見られなかったけど、今日は美内先生のサイン会があるらしい。サイン会まで時間があったので、とりあえずサインをしてもらう単行本(よく見たら初版本だった)を買って展示を見に行くことに。

入り口には紫のバラ。(造花だったけど)

bara.jpg

まぁ、ガラスの仮面と言えばこれだよね。

展示のメインは生原稿。
ガラスの仮面の年表もあったけど、俺が2歳の時に始まっていまだに完結していない作品の年表なので、いろんなところで無理が…そして紫のバラの人はお見合いの話が出てからギャグのように決まった行動を繰り返しすぎです。

1.婚約者と結婚をする決意を固める
2.偶然(桜小路とかと一緒にいる)マヤを見かける
3.嫉妬する
4.1~3を繰り返す

特に最近(つっても最新刊は2004年)は紅天女よりもこっちの方がメインになってるお。

展示を一通り見たところでサイン会の時間が近づいたので並ぶ。
ほどなく美内先生登場。
あなたが神か。←別の意味できわどい発言

signature.jpg

単行本にサインしていただきました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/594-0d7ebab2

銀河鉄道999 (11) (少年画報社文庫)

 これは私が小学校に入ったか入らないかといった時期に読んだものである。子供ながらにワクワクして観ていたものだ。テレビが先か漫画が先かはよく覚えていないが、とにかく面白かった。そのシリーズは漫画・テレビ・映画と有るが、やはり漫画の出来が一番良いと思う。特...
  • [2007/12/29 16:28]
  • URL |
  • すずの部屋 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。