スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不倫を肯定する」という考え方をなぜするのだろう 

■離婚後300日問題―無戸籍の子どもを救え!(Allaboutより)

    2007年5月21日より医師が作成した証明書で離婚後に妊娠したことが確認できれば(早産のケース)、実際の父親の子として出生届も受理されることになったのです。

出産は予定日通りにならないことの方が多いと思うので、この部分に関しては妥当な判断だという気はする。でも、

    それ以外のケース、離婚前の妊娠をも救済するために、さらに法改正を求める声が高まっています。無戸籍の状態がその子どもにとってどれだけ不利益であり不平等であるか、子どもの福祉という点を一番に考えれば、早急に解決していかなければならない問題であることには違いないでしょう。

「はいはい童t(ry」
という突っ込みを承知で言うけど、やっぱりこれはどうかと思うよ。
「離婚前の妊娠」を肯定している上記の主張には、僕は賛成できない。

    また法改正反対の理由として「不倫を助長する」という声もあったそうです。しかし、離婚成立前の恋愛が「不倫」であったとしても、離婚・再婚の道を選び(あるいは望み)子どもまで持ったのです。当事者にとってもそれが運命ともいうべきものであったからこそ、その結果があるのでは?

言っていることは良くわからないけど、とりあえず「不倫はアリ」だと主張してることと「女性は被害者」という立場に立った発言だということは良くわかった。

そうじゃない場合だってたくさんあるだろうに。これと

女性だけの再婚禁止期間ってナニよ!

こっちとセットにすると、女性様は無敵と化しますな。
結婚してても他の男性と関係を持って子供を作ってもOK。
出来ちゃったら旦那と離婚してすぐ再婚。

こんなことを認めてしまう法改正なんかありえないだろ。
だから「家族制度の崩壊につながる」って言ってるのに、

    法改正に反対の与党の一部からは「家族制度の崩壊につながる」という声が上がっていたということですが、この見解は的外れの感がぬぐいきれませんでした。そもそも、この問題は家族関係が崩壊した後に起きてくる問題です。

この人は全然わかっていないっぽい。


■母の離婚前妊娠で戸籍なしの女子高生、「修学旅行用に今の名前でパスポート発券して」と麻生外相に要望(鬼速より)

    427 :名無しさん@八周年:2007/06/12(火) 17:02:58 ID:hDrL8GAb0
    当人とマスゴミはスルーしてるが、この件に関しては姓は「4つ」登場する。

    1)元夫(母が婚姻中)の姓
    2)離婚後の母親の旧姓
    3)生物学的に父親である男の姓
    4)現在、住民票をはじめ公に名乗ってる姓=母親の現在の夫の姓

    実は3)は4)じゃないんだよ。

    母親は女子高生の「父親」とは、その後別れて、現在は別の男と結婚してる。
    だから報道をよく読むと必ず、「現在の姓」でパスポートを要求してる。
    おそらくは世間の同情を最も集められるであろう、
    「本当のお父さんの姓でパスポートが欲しい」
    とは口が裂けても言えないんだ。
    そして、外務省が前例のない妥協をしても
    最後の一線で譲れないのも上記の理由ゆえ。
    そりゃそうだ。この女子高生は生物学的にも法律的にも
    「現在の姓」を名乗る根拠がないから。「通名」みたいなもん。


    468 :名無しさん@八周年:2007/06/12(火) 17:12:19 ID:hDrL8GAb0
    >>427
    この辺のことは、ごく初期の報道では伝えられてたが、現在は完全スルー。
    でも、現在進行中の報道でも、よく読むとちゃんとわかる。

    >現在の氏名でパスポート(旅券)の発券を認めるよう要望
    >>427で指摘したとおり「現在の氏名」という表現は不自然。

    >離婚手続き中、別の男性との間に子どもが生まれ、
    普通は「現在の夫との間に子どもが産まれ」って書く。
    何故書かないかというと、「別の男性」≠「今の夫」=「現在の姓」

この話は本当なのかね?
スポンサーサイト

コメント

半年間再婚禁止規定は、もともと父親の特定を確実にするためだったので、DNA鑑定可能な現代では意味ない、ってことでしょうね。

結果的にはそうかもしれないけど、もともと不倫を否定する意図の法律ではないと思う。
また、そもそもフェミニズムは、

(旧来の)家族=主婦=女性を家に縛り付ける

というのが一種の公理なので(福島瑞穂とかすごいよ)、
家族制度の崩壊に繋がる主張はそれはそれで理にかなってます。というかそれがフェミニスト過激派の目標だかんね。

また背後には鬼女を妊娠「させる」DQN男がいるのもまた真実なのよね…

>DNA鑑定可能な現代では意味ない、ってことでしょうね。

なるほど。
「父親の特定」だけなら問題はないんだな…
特定した後が問題になる可能性はあるけど。

>もともと不倫を否定する意図の法律ではないと思う。

それには同意でつ。

>フェミニスト過激派

ああ、あの辺すごいよね。本当に…
ただ↑の筆者はそういう感じじゃなかったので、敢えて突っ込んでみた次第です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/517-d3b700de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。