スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想は現実逃避ではない。 妄想は現実離陸だ! 

WBCに優勝した王ジャパンは間違いなく現時点での最高のメンバーが集まったと思うけど、例えばこのメンバーの中に

全盛期の伊藤智仁がいたら、
あの魔球としか言いようがない高速スライダー
誰もが度肝抜かれるんじゃなかろうか

とか

'90年代の佐々木主浩がいたら、落ちてくるのがわかっていても
あのフォークは打たれないだろうな

とか思ってしまった。
他のスポーツにおいてもそうだけど、選手にとって一番いい時期に大きな大会(オリンピックとか)に出場できるとは限らないわけで、そういう意味ではナンセンスな妄想なのはわかってるんだけどね。長い間活躍している大選手になればそういう舞台にも恵まれる可能性も高いんだろうけど、中には自分の持てる才能を極々短期間に爆発させてしまう選手もいて、またそういった選手の見せるパフォーマンスは当然のことながら見てる我々を魅了してやまないわけで、いち野球ファンとしてはそういった所も見てもらいたいなぁ、と。とにかく、

日本の野球はもっともっと凄いんだ!

ってことをアピールせずにはいられないわけですよ。
これからはそういった機会が増えていきそうなので、WBCには(問題点は色々あるだろうけど)是非とも続けて欲しいと思う。

おまけ:伊藤智仁引退

これ見てたら涙が出てきた…(つД`)
スポンサーサイト

コメント

究極の夢は

やはり
「シーズン401奪三振(世界記録)達成直後に
 江夏が MLB に渡っていたら...」
じゃないでしょうかね。
あるいは
「秋山(西武→ダイエー)が野球留学して
 そのまま残っていたら...」
かな。

さすがに
「桑田が MLB に渡っていたら...」
とはちょっと思えない。

ちなみに伊藤智仁はバルセロナで
27奪三振の大会記録を作っています。

伊藤智仁懐かしいなぁ。
同じこと考えたよ。
規定投球回数にはわずかに満たなかったけど、防御率0点台だった。
全盛期はがあまりに短かったけど、
記憶に残る選手です。
あのころはまだ野球がFavorite Sportsでした。

↑なことを考えてたら、

「僕の考えた日本代表(全盛期限定)」

を考えずにはいられなくなって、キリがなくなってしまいましたよ。

ただ、僕の知ってる世代の選手で組み出すと二遊間が弱いんだよなぁ。

二塁:長打なら1985年の岡田
   守備&走塁なら西武時代の辻
遊撃:池山 or MLB 移籍直前の松井

あたりは?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/45-593b8407

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。