スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ「喪男」カテゴリーを作った方がいい気がしてきた 

た@茶氏と飲みに行きました。
泡盛を飲みながら色々と。

カウンター席で飲っていたのですが、
我々の隣に座って飲んでいた女性二人組の恋愛話が

    「(某有名企業)の人と飲んだんだけど、ラグビーの話になって。
     普通ラグビーって言ったら早稲田か明治って思うじゃない?
     そしたらその人、高卒だったのよwwwありえないwww」

    「金融系の男性とつきあったら云々…」

    「(某大手企業)の人との線はほとんど切れちゃったなー。
     あ、一つあるといえばあるけど、その人の体型がねーwww」
という突っ込みどころ満載の内容だったので、

「うわ、こんなバブル期からの生き残りみたいな人がいるなんて。
すげぇ俺、とんでもない遺跡を発掘した気分だwww」


と心の中で思うと同時に、

    ■理系のための恋愛論:女の子から見た「男のプライド」

    このように「オレは○○(勤務先名)なのに、ふるつもりか?」みたいなことをいわれると、女の子としては、「キミのプライドのよりどころは、勤務先なのかい?」といいたくなるし「それじゃ、あなたから勤め先を取ったら、何が残るの?」とツッコみたくもなるような。

    男の子が、勤務先や、出身大学や、持ち物、親の七光りといったブランドにプライドを持っていると発覚すると、女の子は、(はああ、やっぱりねー。間違ったプライドをかざすような男と付き合わなくてよかった)くらいにしか思わないはずです。
↑みたいな男がいるのは、そういう勤務地や出身大学や持ち物などからしか評価できない女性が少なからずいるからではないの?と考えたりした。男にしてみたら「そっちのニーズに合わせてやったのに何それ?」という感じかもしれませんよ?>酒井先生

ま、どうせ俺なんかいろんな意味で見向きもされないですけど。('A`)
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/43-d547bb6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。