スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせそのうち離婚するのにね 

■白河桃子の「“キャリモテ”の時代」(第7回)
男性のターゲット設定 緊急特集 神田うのと藤原紀香の結婚観


    生殖に時間がかかり、チャンスも限られるのだから、女性が相手選びに慎重になるのは当たり前なのだ。モテ談議をすると男性に批判されるのは、結局女はすべての男にひれ伏すわけではない…というのが、男性には一番頭にくるところなのだろう。

ブブー。違います。
↑のような「上から見たようなものの言い方」、「選ぶのはいつも女性の側」というのが前提となった考えが気に食わないからです。
別に「男の前にひれ伏せ」みたいな主張なんてそんなにないと思いますが。
(ないとは言わないけど)

    ■ケーススタディー1「神田うのカップル」
    (略)
     また、数年間の交際と報じられているが、多分女性ならピンときたであろう。きっと彼は「うのちゃんのキープ君」だったのだと。前は「結婚OK」ではなかったかもしれない彼が、なぜ「OK」になったのか? それは、うのちゃんが仕事に本気になることで、「本当に必要な男」を見極めたからだと思う。

     じゃあ、それって「お金?」といううがった見方もあるだろうが、私は「人間性重視」と信じたい。キープ君とは「いい人だけれど、何か物足りないのよねぇ」という男性が多い。その「何か」を女性が「もう、なくてもいい」と判断した時に、「いい人」が勝利を得るケースが多いのだ。

金に決まってるだろ。常識的に考えて…
全然穿ってない。

だいたい「人間性重視」だというのなら、その御曹司とやらが一文無し(もしくは借金まみれ)になっても神田うのは離婚しない可能性が高い、ということになると思うけど、そんなことはありえないだろ。

    ■ケーススタディー2「紀香&陣内カップル」
    (略)
     この場合の「序列」とは「世間から見た序列」=「男性目線の序列」を指している。男性は男性からの目線を気にしている。その「世間様の目線」から「妻の方が上」でも平気という男性は大変希少で、35歳以上ではこのような「バリアフリー物件」はほとんどない。

僕には逆のような気がしてならないのですが。
だって、女性様も女性様からの目線をいつも気にしてらっしゃいますよね。

「自分より下の生き物には用はないです(笑)」

と言っていたのも女性様の方だったし。

    ■ケーススタディー3「押尾学&矢田亜希子カップル」
    (略)
    うのちゃんや紀香と同じ頃入籍を発表したのに、「押尾学&矢田亜希子カップル」に関しては、OLたちは関心を示さない。

     「だって、いかにも浮気されそうな感じ。矢田ちゃんが不幸になるのが目に見えてるじゃないですか?」と、エビちゃんOLのケイコさん(29)は言う。矢田亜希子は清純派のイメージを犠牲にし、事務所に逆らってまで貫いた、「これぞ純愛」なのに…。

はいはいにk(ry
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/362-0fcba3fa

矢田亜希子 タトゥー疑惑

矢田亜希子もし本当ならガッカリ。ラストクリスマスの頃ははまってたのになあ。【矢田亜希子 押尾学】関連ニュース ・矢田亜希子 タトゥー疑惑が浮上して分かった近況 (Yahoo) 「矢田は結婚してから、ますます“オシオイズム”を叩き込まれているようです。久しぶりにファッ
  • [2006/12/23 01:45]
  • URL |
  • 芸能・エンタメニュース360 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。