スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自転車を歩道に」の問題点 

「自転車の安全利用の促進に関する提言」(pdfファイル)
の問題点を自分なりに整理してみる。

  • そもそも「提言」は交通の大原則である「弱者優先」に反している
  • 「自転車と歩行者の事故が急増している」ということを問題視しているのに、
    解決策が「自転車の歩道通行を認める」という矛盾
  • 自転車の歩道通行は自転車利用者の安全につながらないことがわかっている(※)
    のに「自転車の安全な利用のために歩道通行を認める」というm(ry

もちろん現状の自転車走行に関して文句がないわけではなく、自転車乗りの自分から見ても腹の立つ自転車は多いので、指導や教育は必要だと思うけど、その上で「車両」が車道を共有する方法を模索する方が効果的だ、というのが自分のスタンスかな。

理想は「自転車専用の道路を車道に設ける」というものだけど、難しいだろうね。でもそれは他の国でも同じことで、物理的に自動車と自転車の領域が区切られていなくても上手くシェアしている(らしい)ので、お偉いさんが「車道は自動車の聖域だ」という考えさえなくなればなんとでもなると思うんだけど。

少なくとも、自転車を歩道に上げてしまえってのは間違ってるよ。

…と、こんなところで言っててもしょうがないな。
うちの選挙区から出た国会議員にも言ってみるか。

(※)国土交通政策研究 第58号 都市交通における自転車利用のあり方に関する研究(pdf)より

自転車の歩道通行を認めている日本と
自転車と自動車が道路を共有している他国との比較

siryou.jpg

日本では20年経っても自転車の死亡事故は減らないのに、
日本以外の国では自転車の死亡事故が減少している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/359-8fd7b0bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。