スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不意打ちのススメ? 

■密かに人気の逆プロポーズ、成功事例!

    事例その1「積極アタック編」

    男性29才、父の小さな会社を手伝い日々営業に廻りながら何とか人並みの給与。が、彼女がいながらも合コンにはマメに出席のご様子。母性をくすぐるルックスのせいか、それなりにもてるため、まあまだ結婚はイメージできないのでしょう。ある時、三つ上の彼女から、ちょっとスイーツの気になるのがあるから、日曜日に目黒まで付き合ってと誘われ、目黒駅で待ち合わせ。天気もよくふらふらと彼女について行きながら、坂を下ることすぐに大きな建物へ。ホテルのスイーツかあ高そうだな、なんて彼は、ぼんやり考えながらも通されたテーブルで、パクつきながらコーヒーをすすっていると、そこへ音もなく黒いスーツの女性が同席し、と上品に話しかけられたそうな。「このたびはおめでとうございます、お日にちはいつ頃お考えですか?」

(  Д ) ゚ ゚
やられた方は(本人に結婚する気があったとしても)大変だろうな。
これから先の夫婦生活がうまく行くと良いですね、としか言いようがない。
スポンサーサイト

コメント

『師走』で走り回る時期です。
うっかり不意打ちを食らって判断ミスをしない様に。
さすがに「元教え子」に手を出すのは禁じ手でしょう。

>た@茶
>さすがに「元教え子」に手を出すのは禁じ手でしょう。

確かに。
それが許されるのはかの「ヤンキー先生」くらいでしょうか。

僕がやったらウホッになるので…

アッー!

でもウチの研究室の先輩で
家庭教師してた人と結婚した人いるよ。
「元教え子」が「元」で、成人なら別に問題にはならないと思われ。

>でもウチの研究室の先輩で
>家庭教師してた人と結婚した人いるよ。

うちにもそういう人が居たように思います.

>「元教え子」が「元」で、成人なら別に問題にはならないと思われ。

なるほど.今後のために参考にさせていただきます.(ぉぃ)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/345-7ec22d5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。