スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべて虚構に思えてきた 

■夫の「男前化プロジェクト」は妻の役割

    職場で、だんな様が「男前!」と噂されるために、妻達は立ち上がりましょう。

  • 全身うつる鏡の前に夫を3分間立たせる
  • 服装の色がまとまっているか指さし確認
  • 「男の毛」のあるべき箇所とない箇所のメリハリを
      「うちの夫は、さわやか系だからツルツルに剃ったほうが似合うの」
      「うちの夫は、南国顔だから、眉毛はそらずに、もみあげも残した方がかっこいい」
      「うちの夫は目が細いから、口ひげでインパクトを出してみよう」
      「うちの夫はクマみたいに毛むくじゃらだから、職場でいやがられるかも。腕の毛は処理しよう」
      「うちの夫の鼻毛は私でも許せないわ」等々

  • 足下を男前に!
  • 夫の臭いは妻が消す
  • ほかの男前にどんどん会わせる
      女性は、「美しい人」を見て美の向上心を燃やすします。
      男性も「男前」を見て、競争心を燃やしてもらう作戦です。


要するに見栄を張りたいってことでOK?
一部、常識的にできていなきゃまずい部分もあるけど、

「ツルツルに剃ったほうが似合う」
「もみあげも残した方がかっこいい」
「口ひげでインパクトを」
「腕の毛は処理しよう」


ってのは明らかにやりすぎの域じゃないの?
(鼻毛はさすがにどうかと思うが)

ここまで来ると、旦那を人形かなんかと勘違いしてるんじゃないかと心配になってくるよ。


■周りにいい男がいないから恋ができない!?

    出会いを探しているのは女性だけでなく、男性も同じはずなのに、男性側からは「いい女がいない」「いい女は結婚している」という声は、あまり聞こえてきません。女性がいい男がいないと嘆いているかと思えば、男性はイマドキの独身女性は高望みでプライドが高いと諦めモード。自然の流れでカップルが誕生するというのは、なかなか難しいようです。

そりゃあ、女性の掲げる

「いい男」の条件が現実離れしてる

からじゃないでしょうか。
女性の方から「お呼びじゃない」と言われれば鯛男だって逃げていくと思いますよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/340-ad5cccf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。