スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急にサイン会があることを知ったので 

東京国際自転車展2006に行ってきた。

先々週に行ったサイクルモードと比較すると、こっちの方はスポーツ自転車が少ない感じ。逆に、ママチャリとか子供用自転車とか、生活感の溢れる自転車が多くみられた。

その辺も影響しているのか、客の入りはサイクルモードよりもおとなしめだった。
試乗車がそんなに多くなかったというのもあったかもしれない。

僕の目的は「お台場サイクリングツアー」でした。
サイクルモードの時よりも長く自転車に乗っていられるというので期待していたのですが…天候不順のためあえなく中止に。orz
ピナレロのガリレオを乗り回す予定だったんだけどなぁ…

仕方がないので、一通り見て回ることに。
カスタムバイクコレクションブースのカオスっぷりに癒されたりした。

特に目についたのが

「今の自転車の駆動方式に喧嘩売ってる挑戦している」

自転車たち。
SDVと2WD自転車ともう一つあったけど製品名を忘れた(確か峩洋技術研究所ってところの製品だったと思う)。SDVは現物の展示のみ、2WDは村山コーポレーションのコーナーで動画だけの紹介、最後のところは自転車がローラー台に乗っていて試乗できた。

何人かが試乗していたようなんだけど、ケイデンスが高くなると必ずメカトラブルが起きていた。普通の自転車よりも構造が複雑な分、耐久性を確保するのが難しいみたい。

保守的なところがある自分としては、こういうヘンテコ機構を組み込むメリットがあまりないような気がしてならないのですが、どうなんでしょうかね…?

で、最後にサイクルトレーナーで最高速チャレンジ。<またやったのか
今日は62.5km/h。orz
また65km/hの壁を敗れなかったよ…(´・ω・`)

息を切らして、帰途に着きましたとさ。
帰りの途中で今日の余韻に浸ろうと、公式サイトを見ていて気がついた。

11月19日(日)11:15~13:00
漫画家・宮尾岳氏と「サイクルメンテナンス」著者・飯倉清氏によるトークショー
「並木橋通りアオバ自転車店」作者・宮尾岳先生のサイン会


自転車が好きで、漫画オタクであるところの俺にとって雲の上の存在である
サイクルマスターGこと宮尾 岳先生が来てるじゃん!!


    声はか細く、目はうつろ。
    ハラは帰宅後、沈痛な面持ちで、この日最大の決定機を振り返った。

    「ぼくの有名なゲストに会えるチャンスはあの時間だけだった。
     急にサイン会があることを知ったので。
     そのまま大急ぎで列に並べばよかったが、
     ピナレロの自転車を手にとってしまった」


    (急にボールが来たのでのガイドライン より)

僕はもう、柳沢を笑う資格はありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/335-c8e9df29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。