スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらい1日(第1章) 

某所で何かを終えた俺が帰ってきましたよ。(教員室に)

実際に似たような経験を味わったことがある人間としては、
向こうの気持ちがそれはそれは痛いほど良くわかります。
そして、どう言ったことをすれば良いのかも実はわかっています。

しかしながら「それ」をやってしまうと、
それによって得たもの以上のことを僕は失ってしまうだろうし、
これから先のことを考えると、それが必ずしも良い結果を生むか、
というとそうでない可能性の方が高いと考える僕としては、
この現実を受け入れてくれるよう話をするしかないわけで…

…難しい。
そして明日はもっとつらい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/33-22491539

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。