スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準々決勝 

朝に開会式が行われ、その後に行われた第一試合を途中まで見てから、我々が試合を行う球場に移動しました。

バスに揺られること30分。(なんでこんなに遠いんだ…)

球場に到着しました。
広くていいグラウンドです。
グラウンドでは、すでに他の代表校による試合が行われていて、我々は弁当を食べながら出番を待っていました。(このとき食べた弁当が意外なところでトラブルを引き起こすことになるとは、このときは思ってもみませんでした)

他校の試合は緊迫していると言えば聞こえはいいのですが、片方が好機を何度も見逃して、自滅しそうな相手を助けていると言う展開で、待つ身としてはなんとも歯がゆい思いをしました。

10回裏 同点 1アウト3塁の場面で普通に打たすかよ…( ゚Д゚)
と次第に批判的な言動が表に出るようになってきました。
結局、予定よりも1時間以上も遅れての試合開始となりました。

結果は、4対0でウチの勝ち。

春に続いてベスト4進出です。
多少ミスはあったもののそれを引きずることなく、投打のかみ合った展開で、終始ウチのペースで試合を進めることができました。

得点は全てバントとエンドランで、特に先制点の取り方が上手かった。

1アウト2塁で送りバント。
相手バッテリーがその処理にもたつき、本塁にカバーのいない状態に。
その隙をついて、2塁からランナーがホームイン。
相手はショックだったと思う。

とにかくこれで、優勝候補の一角を破っての準決勝進出。
明後日に予定しているけど、勝てたら良いと思う。
試合後、日曜日に関する連絡をして、家に帰らせた。

で、ここから先は愚痴。
■弁当事件(勝手に命名)

昼間に食べた弁当のゴミの処理について大会役員から

「球場に捨てずに持ち帰って、
 大会本部のあるホテルまで持ってきて欲しい

との指示があり、我々は当然それに従うことになりました。
で、試合後。

予定よりも1時間遅れて大会本部に向かったら、
そこはなんともぬけの殻でした。誰一人いやしない。

開会式が行われていた球場での試合が早く終わったので、
役員の皆さんは「あー終わった終わった」と引き上げてしまった様子。
バスで30分以上も離れた球場ではまだ試合をしていたのに。

結局、ゴミは車で現地まで来ていた保護者の方にお願いして
捨ててもらうことになりました。

つーかね。
「持って来い」って指示しておいて、
遅くなったからって引き上げるのは酷くないか?


それが大人のやることかよ。


■「負けてもキャンセルできません」事件

そんなこんなで「弁当事件」に腹を立てつつ夕食を自分と部長先生とコーチの3人で取っていたときのこと。

部長先生の携帯に着信が。

内容は

「日曜日の準決勝に勝っても負けても
 ホテルには泊まってもらいます
 月曜日の授業に生徒を出席させたい場合は
 キャンセル料を払ってもらいます


ということでした。

(゚Д゚)ハァ?
負けたら普通に帰るっつーの。
泊まらずに帰れないってどういうことよ?

「そうしないとホテル側に迷惑がかかりますから」

だと。頭おかしいんじゃないの?
生徒の迷惑はどうでも良いってわけですかそうですか。
大会役員はホテル側から何かもらってるんじゃないか?
と一瞬思っちゃったよ。(邪推だと思うけど)

そんな予想外の展開に、その場にいた全員が憤慨してました。

そりゃあ、他の体育会系の部活に力を入れてる学校だったら、全額学校から補助してくれるでしょうから問題はないでしょうけど、こちとら自腹だからね。その辺を考えてもらいたいよ。

この辺の体育会系のしきたりだかなんだか知らないけれど、
そっちの尺度でだけ物事を決めないで欲しいと思う。


しかし今回はどうやら本当にそういう決まりらしく、ウチだけがごねて押し通すことはできないということになり、おとなしく従うことにしました。

これで、何が何でも準決勝で勝たなければいけなくなりました。

(後日、ホテル側から「泊まらない場合はキャンセル料をいただくわけにはいきません」という良心的な対応をしていただくのですが…)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/328-1f2b3c6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。