スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性様が結婚相手を選ぶ世の中 

■白河桃子の「“キャリモテ”の時代」(第5回)
“モテ”と“キャリア”の歴史 「モテ男性」をめぐるエビちゃんOLの死闘


    では、どんな男性がモテているのか…。最近、こんなエピソードを聞いた。某大手通信産業に勤める28歳の女性ルミさん(仮名)が「最近、うちの同期の男の子たち、すごくモテるんですよ。25歳過ぎてから、女性からフラれたことがないんですって」。ルミさん自身も、エビちゃんを絵に描いたようなモテ系総合職女性。

「エビちゃんを絵に描いたようなモテ系総合職女性」
という言葉の意味は全くわからないのですが、
みかかの社員はそれだけでモテるらしい、ということはわかった。

    ルミさん自身もIT企業の社長などにプロポーズされることもある。しかし、「こういう相手はバリバリ稼いでくれるから、家事は分担してくれなくても外注できる、という安心感はあります。でも子供の将来のことなどを、一緒に悩んでくれそうな人は少ないんです」。ルミさんにとっては、お互いに折り合って家庭をつくっていける能力が男性にあるかどうか、つまり女性から見て御しやすいかどうかも、結婚相手を選ぶ時の重要ポイントだという。

そしてその「モテる理由」とやらが、

「女性から見て御しやすそうだから」

ということもわかった。

どうせ俺は難しい子ですよ。( ゚д゚)、ペッ

しかし「一夫一婦制である限り、今女性たちがターゲットにしている男性の数は、全員に行き渡るほど多くはない」と言っているくせに、そんな状況においても選択権は自分達にあると思っている女性様は一体どれだけ余裕ぶっこいていらっしゃるのでしょうかね?
スポンサーサイト

コメント

とりあえず、給料や『御しやすそう』という理由で
寄ってくる女性は勘弁してほしいですね。
これから自分の立場がどうなるか分からないのに…
(逮捕された某M1のように荒れたりはしませんが)

まぁ、この辺は護身というか上手く自分の身を守る術を確立しておかなければいけないというか…

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/321-c53446b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。