スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これで決着?未履修問題 

■補習50時間で卒業OK…未履修問題大甘決着へ
■学校の裁量で「50時間」に 「未履修」救済

70時間で普通に単位が取れるんだったら、わざわざ短縮する必要もないと思うのですが。

    当初の政府案は、〈1〉冬休みに20時間〈2〉春休みに20時間〈3〉残りの30時間は2、3学期内-の補習実施を想定。あくまでも一律「70時間補習」を卒業の条件としていた。

     これに「待った」をかけたのが自民、公明の与党だ。「冬休みの補習は、大学受験を間近に控えた高校3年生には負担が重すぎる」(幹部)と条件を50時間補習に引き下げるよう求めていた。(ここより引用)

別に冬休みに20時間補習しなければいけない、と決めているわけでもあるまいし、そんなのは学校側の裁量で今度こそ問題のないように対処するでしょうに。

なんでここまで「配慮」する必要があるんだろう?
という気が正直している。

■必修漏れ救済 一律70回案、公明反発 上限50回案も

    これを受け、与党の教育再生検討会座長の自民党の大島理森元文相と公明党の北側一雄幹事長らが31日、国会内で非公式に協議した。北側氏は、未履修が70コマの生徒も何らかの救済策を講じるべきだと主張。「冬休みの受験勉強のかき入れ時に補習を受けさせるのは余りに酷だ」と、冬休みに行うとされた20コマ分を免除し、50コマに抑えるよう求めた。

ええい、地球教徒公明党の差し出口かッ!

おまけ:
■Yahoo!知恵袋 銀河英雄伝説の「地球教」は、創価学会のことですか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/318-1ebf7ea1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。