スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆとり教育」の終焉? 

■[ゆとり教育]推進役の寺脇氏が文科省を勇退の意向
■「ゆとり教育」の旗振り役 寺脇研さん、文科省を辞職へ

「やっと消えてくれたか」

というのが正直な感想。
教育に携わる者の一人として思うけど、寺脇研が日本の教育に残した傷はとてつもなく大きいよ。今後10年、いや20年かけてコイツの尻拭いをすることを考えると、辞職じゃなくて免職にすべきだろ、とか思ったり。

    今後については「映画や落語の文化評論もやっていくが、民間の立場で教育にかかわる仕事もしたい」と語った。

お前はもう教育に口を出すな。

関連:
■子どもに「ゆとり」を与えなかったゆとり教育の失敗と教育再生
■【話題】「ゆとり教育の推進役」寺脇氏が文科省を勇退の意向
■「ゆとり教育」を推し進めた無能公務員・寺脇研、文科省を辞職
■【ゆとり教育】推進役の寺脇研・大臣官房広報調整官が文科省を勇退の意向

まぁ「ゆとり教育」になって「週休2日制になったヤッター」とか喜んでる日教組のバカども人は論外なので除外するとしても、それ以外の教員はシステムを狂わされて本当に苦労してますよ。

ところどころで「教員が寺脇の理想についていけなかった」という意見を目にするけど、そんな理想に応えられるヤツなんかそうそういるわけないだろ。寺脇研本人だってできないと思うよ。結果的に中途半端なことしかできなくなっちゃって、今みたいな大変なことになってるわけですよ。

次の政策担当者はその辺のことをわかってる人だと良いですね。

■教育再生 17の知恵

「委員の主な発言」を読むと…うーん。
グダグダになりそうな悪寒。

過度な期待はかけないでおこう。


[10月19日 追記]

当エントリを誠天調書さまにご紹介していただきました。
その上、お祝いのお言葉まで…ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/297-0026ef71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。