スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデルチェンジしたアビオス 

■走る楽しみと喜びを思い起こさせる大人の自転車 「アビオス」新発売

この間取り上げた話(誠天調書さま、ありがとうございます)ですが、
プレスリリースが出ていたんですね。

今回のモデルチェンジで変わったところと言うと、

  1. アビオスツアラー
    • タイヤの太さ変更(1インチ→1.25インチへ)
    • サドルバッグ標準装備

  2. アビオスプレイヤー
    • フロントギアが2枚になって14段に
      (前はフロントギア3枚で21段)
    • サドルバッグ標準装備

  3. アビオス・B8
    • サドルバッグ標準装備(これだけかな?)

くらいかな。2004年モデルのアビオスプレイヤー所有者の僕から見ると、アビオスプレイヤーの仕様変更の変遷がすごい。

■ギア
 2004年:フロント1枚×リア7枚の7段変速
 2005年:フロント3枚×リア7枚の21段変速
 2007年:フロント2枚×リア7枚の14段変速

■タイヤ
 2004年:1インチ
 2005年:1.25インチ

特にギアはどれだけ迷走すれば済むのかというくらいコロコロ変わってる。個人的には7段で十分だと思うんだけど。時速40キロで巡航するときに使うようなアウタートップなんか誰も使わないと思いますよ?

あと、タイヤは1インチの方が良いと思うんだけどなぁ。
30mm越えたタイヤだと、ママチャリと大して感覚変わらないんじゃ…?
最上級モデルのツアラーだけでも1インチにしておいた方が…
とは思うんだけど、この仕様変更の背景にはコスト面の問題もあるだろうし、あまり強くは要望できないけどね。

でも、アビオスからタイヤの太さが1インチのモデルがなくなると
チューブの在庫とか思いっきり心配になるんですが。(汗)
現状でも取り寄せないとダメだからなぁ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://khx2plus.blog56.fc2.com/tb.php/269-aaeef38c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。