スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会2 

ken氏が帰国したので、迎撃OFF研究室の有志と飲みに行きました。少し遅れて店に到着したのですが、どうやら後輩のgen氏も帰省してるようで、こっちに合流するとか。懐かしい。

先日の忘年会のときに聞けなかった話を色々と聞く。俺が戦国ランスにハマッている時に周囲ではこんなっ…こんなことがっ…
いいなぁみんな色々あって。

などと思いつつ話を聞いていたら、ダメ出しを食らったよ。(´・ω・`)

「お前はまずブログを止めろ!」

まぁ趣旨としては「お前の趣味をどうにかしろ」ってことらしいんですけどね。

ええっ、存在の全否定!?<少し大げさです
無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理。

「本当にダメなんですね」

はい。ダメです。
スポンサーサイト

忘年会 

研究室の忘年会があったので参加させてもらう。
親戚で集まったとき以上に「結婚はまだか」と言われる。

まぁ、僕は漫画ヲタでアニメヲタで声優ヲタでダメ絶対音感(声を聞いただけで声優の名前が出てくる)を少し持っててそのうえ自転車ヲタなので、そのことを知ってる元同僚などは「こいつにゃ縁がねぇ」ということを感じ取ってもらえるのですが、先生とかその辺になると、OBのそういったところはわかりませんからなぁ。なんかお見合いの話もあったみたいだけど(結局断った)、たとえ会ったとしても

「ご趣味は…」

「漫画をたくさん、セガのゲームをたくさん、アニメのDVDもたくさん、
 あとエロゲーを少々

なんてやり取りの後になかったことになるに決まってるんだし。

だってね。
24日に更新がなかったのも何か予定があったからではなく、
普通に丸一日「戦国ランス」をやってたからですからね。

「本当にダメなんですね」

はい。ダメです。

長期連載でクォリティを保つのは難しい 

■連載当初からクオリティが下がらなかった漫画

最初から最後まで、っていうのは難しいな。
思いつくのは

め組の大吾
フルアヘッド・ココ
俺たちのフィールド
あずまんが大王
帯をギュッとね
ダイの大冒険
スプリガン
D-LIVE!!
RED

かなぁ。サンデーが多いな。(´Д`)
ジャンプに連載されていた漫画は大抵どこかでヘタるからなぁ。
シャカリキは最後に失速した感があるのでここでは挙げなかった。
皆川作品は基本的にクォリティが高いと思うんだけど、ARMSは長く続いたせいか間延びしたところがあったので外した。

あああと修羅の門は俺の中では未完なので対象外とした。

■薄毛にまつわる2006年10大ニュース

ニュースがどれも微妙すぎ。
納得できそうなのは1位くらい?
亀田は ハ ゲ じゃないだろ。

ジェットマン 

■背負い式ジェットウィングで空を飛ぶ男(Engadget Japanese より)

SUGEEEEEE!!
デザインと言い色といい、ジェットスクランダーみたいだ。


■自転車をスノーカートに変身させるキットを発売へ

ktrak.jpg

雪の多いところで走るのは面白そうだ。
けど、Kトラックという名前だと発音が「軽トラック」と同じだから、
日本的にはカッコがつかないな。


■スペースシャトルの機内から偶然撮影されたスペース・デブリ

なんだろうこれ?


■究極の盗難防止対策自動車
(上記3点 technobahn より)

    駐車して自動車から離れるために「セキュアモード」にすると写真下のようにフロントグラスとドアグラスが車体と同じ金属製の装甲で完全に閉鎖されてしまう。そのため、窃盗犯が車を盗むために車内に入り込もうとして窓ガラスを割ろうとしてもそもそも窓ガラスが存在しないために侵入不可能というアイディアだ。

一方、窃盗団は重機を使って車ごと持ち去った。

政府の「○割減」という言葉はアテになる 

もちろん逆の意味で。

■再チャレンジ フリーターを4年で2割減

こういう「努力目標」を掲げるのは良いんだけどさ。
少しは達成する努力をして欲しいよな。

代表例がこれ↓。

■京都議定書(Wikipedia)

    京都議定書で議決された内容

  • 地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、HFCs、PFCs、六フッ化硫黄について、先進国における削減率を1990年基準として各国別に定め、共同で約束期間内に目標を達成する。
    (2008年~2012年の間に、日本マイナス6%、アメリカマイナス7%、EUマイナス8%といった削減率を設定している。)

  • 京都メカニズム(CDMのメカニズム、排出権取引のメカニズム、共同実施のメカニズム、吸収源活動のメカニズム)が盛り込まれた。

で現実はこれ↓。

■日本における京都議定書の対象となっている 温室効果ガス排出量の推移
(全国地球温暖化防止活動推進センターより)

どうみても増えてます。
本当に(ry


■『2016年の東京』 緑いっぱい 石原都知事が構想語る
■温室効果ガス「6%削減一緒に」 鈴鹿で小池補佐官が講演
■京都議定書目標達成に「市場メカニズム室」新設 環境省
■車の燃費基準、世界一厳しい16.8キロに引き上げへ

ポーズだけは立派なようですが、内容が「植林」だったり「レジ袋を使用しない」だったり節電だったりして、やる気が見えません。こういうことを普通に考えれば

「車の数を何とかした方が良くね?」

という話が出てくるはずなのにニュースでは全く出てきません。
燃費の話は車に関係していると言えば関係していますが、これは乱暴に言うと

「燃費の良い新しい車を買え」

という話で道を走ってる車の数を減らせ、という話ではないからなぁ。
なんて視点で見てみると、

政府は本当に自動車業界の言いなりなんだなぁ

と思えてきますな。
ああ嫌だ。

ところで、俺何の話をしてたんだっけ?
ああ、フリーター・ニートの数を削減するって話ね。

多分、リップサービスだと思うよ。
続きを読む

お前は何を言ってるんだ 

■家庭ある男性と「本当」の恋

     30代主婦。子どもが1人います。いま40代の男性とおつき合いをしています。彼も家庭を持つ身です。私は、夫とは完全に冷め切った関係で、子どものためだけに結婚を続けている状態です。

     彼は最愛の男性です。今の関係を続けていきたいと考えています。しかし、最近、友人に打ち明けたところ「自己中心的で、自己陶酔しているだけ」と言われ、とても傷つきました。彼への思いは本物です。

     彼は忙しい時間をやり繰りして会ってくれます。2人で思いを分かち合う、うそのない関係だと信じています。親しい友人でさえ、そんな風にしか見てくれないのかと思うと悲しくなりました。

     大切な人と、純粋な気持ちでおつき合いを続けていくことは、そんなに批判されることなのでしょうか。遊びやいい加減な気持ちでの不倫ではなく、まじめで本当の恋だと思うのですが……。私は間違っているのでしょうか。(大阪・M子)

そこまで真剣だと言うなら

「慰謝料も親権もその他諸々一切要求しません。
 ですからどうか別れて下さい」


と土下座しながら言ってさっさとそっちの男の元に行けば良いのに。
多分、向こうの男に捨てられると思うけど。

ふーん 

■理系のための恋愛論
第232回ひとりのクリスマス、さみしさを知るチャンス


    というわけなので、この冬、クリスマスやお正月を孤独に過ごされる男性は、「これも、自分がますますいい男になるための試練なのやもしれぬ」と考えて、ぜひ読書などしつつゆったり過ごしていただきたいと思います。

( ´_ゝ`)フーン
僕にとってこの季節は、アリスソフトのゲームを徹底的にやりこむ時期と決まっているため、さみしさなど微塵も感じたことはありません。

当然今は戦国ランスですよ。
このゲーム、中毒性が高ぇ。

謙信かわいいよ謙信。

色々と 

■米国のミサイル防衛構想が大ピンチ、
数1000億円を投じて開発したレーダーが動きません


「なんてこった…
 人類のすべて(大げさ)をかけた結果がこれとは…
 神も仏もいないのか…」

「天が我らを見放しただけでしょう」

的なやり取りを想像した。


■米空軍、X-53を実用化の方針・エルロンなしで飛べる革新的航空機


■天才航空機設計家が作った世界一変わった飛行機


■もう気象予報士は必要ありません、
IBMが天気予想システム「ディープサンダー」を開発



■脳波でロボットでコントロールする、米ワシントン大学が実験に成功(以上全てtechnobahn)

それなんてサイコミュ?

どうせそのうち離婚するのにね 

■白河桃子の「“キャリモテ”の時代」(第7回)
男性のターゲット設定 緊急特集 神田うのと藤原紀香の結婚観


    生殖に時間がかかり、チャンスも限られるのだから、女性が相手選びに慎重になるのは当たり前なのだ。モテ談議をすると男性に批判されるのは、結局女はすべての男にひれ伏すわけではない…というのが、男性には一番頭にくるところなのだろう。

ブブー。違います。
↑のような「上から見たようなものの言い方」、「選ぶのはいつも女性の側」というのが前提となった考えが気に食わないからです。
別に「男の前にひれ伏せ」みたいな主張なんてそんなにないと思いますが。
(ないとは言わないけど)

    ■ケーススタディー1「神田うのカップル」
    (略)
     また、数年間の交際と報じられているが、多分女性ならピンときたであろう。きっと彼は「うのちゃんのキープ君」だったのだと。前は「結婚OK」ではなかったかもしれない彼が、なぜ「OK」になったのか? それは、うのちゃんが仕事に本気になることで、「本当に必要な男」を見極めたからだと思う。

     じゃあ、それって「お金?」といううがった見方もあるだろうが、私は「人間性重視」と信じたい。キープ君とは「いい人だけれど、何か物足りないのよねぇ」という男性が多い。その「何か」を女性が「もう、なくてもいい」と判断した時に、「いい人」が勝利を得るケースが多いのだ。

金に決まってるだろ。常識的に考えて…
全然穿ってない。

だいたい「人間性重視」だというのなら、その御曹司とやらが一文無し(もしくは借金まみれ)になっても神田うのは離婚しない可能性が高い、ということになると思うけど、そんなことはありえないだろ。

    ■ケーススタディー2「紀香&陣内カップル」
    (略)
     この場合の「序列」とは「世間から見た序列」=「男性目線の序列」を指している。男性は男性からの目線を気にしている。その「世間様の目線」から「妻の方が上」でも平気という男性は大変希少で、35歳以上ではこのような「バリアフリー物件」はほとんどない。

僕には逆のような気がしてならないのですが。
だって、女性様も女性様からの目線をいつも気にしてらっしゃいますよね。

「自分より下の生き物には用はないです(笑)」

と言っていたのも女性様の方だったし。

    ■ケーススタディー3「押尾学&矢田亜希子カップル」
    (略)
    うのちゃんや紀香と同じ頃入籍を発表したのに、「押尾学&矢田亜希子カップル」に関しては、OLたちは関心を示さない。

     「だって、いかにも浮気されそうな感じ。矢田ちゃんが不幸になるのが目に見えてるじゃないですか?」と、エビちゃんOLのケイコさん(29)は言う。矢田亜希子は清純派のイメージを犠牲にし、事務所に逆らってまで貫いた、「これぞ純愛」なのに…。

はいはいにk(ry

ルール無用の悪党にルールを守ってもらいたいだけ 

昨日のつづきらしきもの。

僕の願いは、いち交通手段として自転車も認めてもらいたいだけなんですよ。
だって、道路交通法上で自転車は「車両」扱いされているのに、一部のドライバーに車道の端をチョコマカと走る邪魔者扱いじゃないですか。

それをやめてくれれば「危険な車道」だって今よりは少なくなるだろうし、車道を利用する自転車も増えていくだろうし、その結果として歩道を走る自転車が減ることになって、歩行者の危険が相対的に減って、交通事故の件数も諸外国のように…とまでは行かなくても良い方向に行くと思うんですが。

要はルールを守ってくれれば問題ないわけですよ。
ウチの上司が

「ルールは人を規制するためにあるのではなく、
 人を守るためにあるんだ


と言っていたけど、今回に関してはまさしくその通りだと思ったよ。
それを守らない人たちが(自動車だけでなく自転車にも)多くて、しかもそれを取り締まらないものだから、「現状追認」とかいうワケのワカラン理由でルールを変えちまいましょう、っていうのはどう考えてもおかしいわけですよ。

どうしたら良いんだろうね。
僕の周囲に関係している人がいれば直接訴えることも可能だけど…
俺の周囲に交通関係の人はいないしなぁ。

というわけで、少々強引な流れですが疋田氏のメルマガ

■疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」 センセイたちを動かそうの277号

をまた紹介しておきます。
あまり人を煽るのは好きではないしどうしようかとも思ったけど、手をこまねいて取り返しのつかないことになるよりはマシだと思ったので。

もし、この件に関して「何かアクションを起こしたい」と考えている人がここを見ていたら、上のリンク先で書かれているようなアクションを起こしてみると良いかもしれません。その際はメルマガのバックナンバー

■疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」 反論の方向性の275号

が「提言」の問題点を詳細に述べていて参考になると思います。また、

■自転車ツーキニストのための掲示板

でのやり取りも参考になるでしょう。

しかし、本当は自動車もバイクも自転車も歩行者も同じ空間を共有するもの同士で敵じゃないはずなんだけどなぁ。

種々雑多 

■図書館の本、傷だらけ…「切り抜き」「線引き」横行

    3年ほど前、館内で若い女性が最新号のファッション雑誌からヘアスタイルの写真をカッターで切り抜いていた。驚いて注意すると、女性は悪びれる様子もなく「どうしていけないんですか」と言い放ったという。

給食費の未払いの時も似たようなことを思ったけど、
なんていうか、国民のモラルの欠如がここまで顕著だと、

「日本終わったな」

という感想しかでないな。
借りたものをちゃんと返せないってどれだけアレなんですか。


■【独女通信】「負け犬」と「飼い犬」のアブない関係

    「男にモテないから、負け犬になるわけじゃありません」と語るのは、竹下美穂(仮名)さん、32才。某商社の総合職。なるほど、自分でいうだけあって容姿もなかなかだ。「生活や男に疲れるのは、頭が良すぎるからだと私は思います」ちょっと待ってよ、なんですか、それは?

    「読めちゃうんですよ、先が。この人とつき合ってると、次はどうなるのか、先に何が待ってるのか」なるほど、なるほど、安定はしてるけど、サプライズはないってことね。「最近、そういう男性が多すぎるんです。ワクワクドキドキさせてくれない。こぢんまりとまとまっていて、悪くはないけど、わざわざ手を伸ばして掴むほどでもない。だったら、もっと待っていれば、もっと何かあるんじゃないかって……

「そういう女の人はどんどんハズレを引く。
 結局、一番最初の男性が一番良かったってことになる」


てオカンが言ってた。(実例を挙げながら)
2chでも言われているけど、こういうのは「頭が良い」とは言わない気がする。


■07年はエスコート上手が恋を制する!

    いつもいつもお金をかけてばかりのデートでは、変化がありません。

    (中略)

    昨年ガイドが独自におこなった調査でも「男性が高級グルメに走ったり、デートにお金をかけてくれるのは嬉しいが、ブランド一辺倒はいかがなものか?それよりはアウトドアや簡単なスポーツなどを一緒に楽しみたい!そのためのグッツ(アウトドアアイテムなど)にお金をかけてくれるのは好感度が高い」といった女性の意見も目立ちました(22歳~37歳都市生活型の働く女性100人)。都会で遊び、自然に親しみ、ストレスを解消しながら、体を鍛える、そして癒す―。

    都会と田舎のよさを自分たちなりにアレンジ。そんな大人の恋愛スタイルが流行るのではないでしょうか。

「お金をかけてばかりのデートでは変化がない」とか言ってる割には
金のかかることばかり勧めてるような気がするのですが。


■【小学生】「人は死んでも生き返る」3割近くが解答

    県教委は11日、文部科学省の道徳教育研究校に指定されている県内の小学校でアンケートを行ったところ、「人は死んだら生き返りますか」との問いに対し、約3割が、「はい」もしくは「生き返ることもある」と回答していることを明らかにした。

まぁ、まだ「死」というものに実感が持てない子供達はそう思うかもね。
僕もそんな風に思っている時があったお。

このニュースとは関係ない話ですが、今年の漢字「命」だそうですよ。

「自転車を歩道に」の問題点 

「自転車の安全利用の促進に関する提言」(pdfファイル)
の問題点を自分なりに整理してみる。

  • そもそも「提言」は交通の大原則である「弱者優先」に反している
  • 「自転車と歩行者の事故が急増している」ということを問題視しているのに、
    解決策が「自転車の歩道通行を認める」という矛盾
  • 自転車の歩道通行は自転車利用者の安全につながらないことがわかっている(※)
    のに「自転車の安全な利用のために歩道通行を認める」というm(ry

もちろん現状の自転車走行に関して文句がないわけではなく、自転車乗りの自分から見ても腹の立つ自転車は多いので、指導や教育は必要だと思うけど、その上で「車両」が車道を共有する方法を模索する方が効果的だ、というのが自分のスタンスかな。

理想は「自転車専用の道路を車道に設ける」というものだけど、難しいだろうね。でもそれは他の国でも同じことで、物理的に自動車と自転車の領域が区切られていなくても上手くシェアしている(らしい)ので、お偉いさんが「車道は自動車の聖域だ」という考えさえなくなればなんとでもなると思うんだけど。

少なくとも、自転車を歩道に上げてしまえってのは間違ってるよ。

…と、こんなところで言っててもしょうがないな。
うちの選挙区から出た国会議員にも言ってみるか。

(※)国土交通政策研究 第58号 都市交通における自転車利用のあり方に関する研究(pdf)より

自転車の歩道通行を認めている日本と
自転車と自動車が道路を共有している他国との比較

siryou.jpg

日本では20年経っても自転車の死亡事故は減らないのに、
日本以外の国では自転車の死亡事故が減少している。

球納め 

前日の雨で決行が危ぶまれていたのですが、今日は今年の最終戦でした。
9番ピッチャーで出ました。(途中からレフト)

いつもどおりアップしてからやったはずなのですが、
1回の投球練習でいきなり足がつった。orz

寒いからかなぁ…もっと長い時間をかけてやるべきだったか。
それが響いたのかどうかわかりませんが、試合の方は2対8で負け。
ストライクはそこそこ入ったのですが、球が真ん中に集まってしまったので打たれまくりました。ちゃんと投げられる変化球ねぇしなぁ、俺。

来年はその辺を本当にどうにかしないと…
去年の今頃も同じようなことを考えていたのですが、今年は本当に忙しくてダメだった。来年こそは…と思うんだけど、多分忙しいんだろうなぁ。(´Д`)

レーシングジャケットプロ 

出来上がったサングラスを受け取りにオードビーまで。
racingjacket.jpg
そうそうコレコレ。
この自転車以外ではとてもじゃないが使えない形がたまらない。

かけてみたらちょっと違和感があったけど、多分慣れの問題だと思う。
メンテの注意点についてアドバイスしてもらって、さて受け取ろうかと思った時に、レンズの種類が左右で違うことが判明。コーティングされているレンズとされていないレンズが左右別々にはめられていたらしい。

というわけで、急遽レンズを交換することに。10分ほどで終了した。
この辺の対応の早さが個人的には非常に良かった。
(もちろん、ミスはないに越したことはないんだけど)

いろんなスポーツ用のサングラスやゴーグルを扱っているだけあって、競技にあったサングラスについて(レンズの色も含めて)アドバイスしてくれるし、ここで買っておけば間違いはないんじゃないかなと思う。

強いて欠点を挙げるならば「俺の家から遠い」くらいか。

年賀状 

12月に入って「ああ今年も終わったな」感があるわけですが、
この時期になるといつも思うことがあります。

「アレを書かないといけないよな…」

そう、アレです。年賀状。
去年までは「送ってきた人に返せばいいや」という気持ちが
どこかにあったため、12月の下旬になっても書こうという気に
ならなかったわけですが、<お前ホントに最低だな(※)
さすがに社会人になってそれはまずいだろうということで、<(注)社会人3年目
レポートの採点で疲れた時の息抜きに、素材とかを探してみた

宛名も印刷できるようになったので、これで年賀状を書くのが
億劫になっている原因がかなり取っ払われたと思うのですが、
ある程度形になってきたところで物足りなく思えてきてしまいました。

ここで2ちゃんねるにネタを求める俺もどうかと思うのですが、
そこはそれ、色んな才能が集まる2ちゃんですから、

すごい絵を提供してくれる神が
1ダースくらいはいるんじゃないか
<少しは尊敬しろよ

というものすごく甘い、それこそチョコラテのように甘い見通し
2ちゃんねる検索をかけたわけですよ。

そしたら最初に出てきたスレが

年賀状に【ベルトラン賀正】と書いた香具師

で、出てきたネタの微妙さと中途半端な古さに、思わず
その時飲んでいたコーヒー(豆は生徒のハワイ土産)を
噴いてしまいましたよ。

「言語道断だ。ニーニョ。
 チョコラテは此処に置いて行け。」


ドルトーニの声が聞こえた気がしました。
ブリーチのアニメ見てないけど。<そもそもTVに出てないだろ

そういうわけで多分早めに準備します。
多分、無難なものに落ち着くと思いますが。


(※)毎年年賀状を送ってくれるT氏やH氏やK氏やY氏には本当に申し訳ない。

今北産業 

一度言えばわかることを二度三度と繰り返されて困った。
時間の無駄で非生産的極まりない。

そして、その話の内容が自分にとって都合の良いことだけで、自分にとって都合の悪い部分は綺麗にカットするというマスコミ的な情報の選別と印象操作を含んでいたため、事情を全部知っている俺的にはあまり気分の良くない思いをした。

が、ここで言い返したら絶対に丸く収まりそうになかったので黙ってたけど。

幸い、周囲が上手く納めてくれたのでそれで良しとすることに。

買い物 

色々注文すた。
とりあえず、機械的なものを中心に。
そのうち手元に来るはずなので、何を買ったかはその時に。

本も買わないとなぁ。

警察庁の提言について 

■疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

例の提言について、疋田智さんが詳しく取り上げてらっしゃいます。

続・野蛮な道路 

自転車の歩道通行を認める提言(pdfファイル)を
なぜそんなに問題視しているのか、という話。

    2 自転車の走行環境整備の在り方
    自転車の通行空間を基本的に上記のように考えるとしても、それにより自転車の走行環境整備の必要性が減殺されるものでないことはいうまでもない。
    自転車利用の安全性と迅速性・快適性を可能な限り確保し、自転車と自動車、歩行者との適切な共存が図られるよう、以下のような観点から自転車の走行環境の整備を推進していくことが望まれる。

    (中略)

    (4)上記の環境整備に当たっては、
    ○ 自転車道や車道における自転車の走行環境の整備状況に応じ、自転車歩道通行可の規制を解除すること
    自転車が車道を通行することが特に危険な場合は、当該道路の自転車通行を禁止するなどの措置を講ずること
    など、個々の道路について交通環境の変化に応じた交通規制を実施するよう配慮する必要がある。

警察の判断で

「この道は危険だから、自転車は車道を走るな」

と言えるわけですよ。「自転車が車道を通行することが特に危険な場合」というのはきっと、車道を走ってる自転車の脇を車が通り過ぎるような場合のことを言っているんでしょう。

法定速度を守って走っている自転車が規制されて、
法定速度を完全に無視して走ってる自動車がおとがめなし

なのはなんでなんだぜ?
車の安全運転義務違反から取り締まれよ。
それが面倒だからって自転車を車道以外のところに追いやってしまおうってのは酷いのでは?

    自転車は我が国交通社会において主要な交通主体の一つとして位置付けられるべきであるし、今後もその点は変わらないと思われる。当懇談会としては、今回提言した諸対策が警察庁等の関係省庁において速やかに実現され、自転車の安全利用が一層促進されることを願うものである。
    (「自転車の安全利用の促進に関する提言」の締めの言葉)

お前らの口から聞くと皮肉にしか聞こえないんだよ。

厳しい。 

厳しい。
9時から10時間連続で休みなしだった。
昼食は授業と授業の合間に5分間で食べました。
ちなみに食事時間の5分中3分はカップめんができるまでの時間でした。
おかげで予定していた仕事のスケジュールが順調に遅れてます。

そろそろ家に帰ってご飯を食べても良いですか?

自転車通勤 

久しぶりに自転車で通勤。
マナーの悪い自転車を目にするのも久しぶり。
なんとかならねぇかなアレ。
特に無灯火と携帯。

ええい、お前達みたいなのがいるから、
自転車は邪魔者扱いされるんだ!

多摩湖 

久しぶりに多摩湖へ。
工事が終わるのはいつだったっけ…(2009年春らしい)
工事が終わればまたここで花見ができるんだけどなぁ…

なんてことを考えながら、右回りと左回りに各1周。
走りながら「衰えたな」と思う。
軽くヤバい、どころの話じゃなくなってる。

でも現状じゃあまりトレーニングできないしなぁ…
本当にパワーマジックとかの購入を考えてしまいそうだ。
(部屋にローラー台があるけど、あれは騒音が凄いからなぁ)

サングラス 

僕は現在、自転車に乗るときはzerorh+ gotha RH580をかけているのですが、かれこれ2年以上使っているので、(これはこれで使い続けるとして)そろそろ別のやつも欲しくなってきました。そこでサングラスを新調するべく、御徒町にあるオードビーまで行き、Oakley RACING JACKET PROを注文。ホントはRACING JACKETが希望だったんだけどね。オークリーがもうやってくれない、というので…

レンズはデフォルトのものではなく、別なものを選びました。
できあがるのは来週です。

そういえば世間様ではWiiの発売に沸いていたようで。
御徒町周辺もWii目当ての票列が結構見られました。(秋葉原の隣の駅だしね)
この日は結局秋葉原で昼食を食べたんですが、どこを見てもWii、Wii、Wii…

「ウィー、ウィー、ってお前らはスタン・ハンセンか」

とベタな突っ込みを(ベタとわかっていて)いれたくなるくらいでしたよ。

まぁ、そのWiiを余裕で買える金をサングラス1つにかけている
自分に彼等を笑う資格はないと思いますが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。