スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピロシキ 

■ロシア料理 ペチカ

行ってきた。
この週のメントレGレストランで紹介されていただけあって、店は混雑してましたよ。

お昼はバイキング形式だそうですが、夜に入ったのでそれはなし。
一品一品頼むこともできるけど、セットやコースで注文した方がお徳っぽい。
ナターシャセット(ボルシチとつぼ焼きのセット)を頼んだ。

美味いよ。
何が美味いって、セットについてくるピロシキが美味いよ。
まず、パンがすごく柔らかい。そして、中の具も美味い。
今まで、肉まんの中身を詰めて揚げたカレーパンの出来損ないみたいなピロシキしか食べたことはなかった僕には、このピロシキは美味すぎた。

そんなわけで、お土産に買って帰ったよ。
それくらいウマーでした。

多分、このピロシキ目当てにまた行くと思う。

恨み星:なし
スポンサーサイト

続・それでも僕はバントのサインを出す 

この間のエントリの続き。
というか結果報告。

優勝しました。

vf.jpg

「あそこまで言い切って、
 結果が残せなかったら恥ずかしいなぁ」


と思っていたのですが、一応結果が残せたので一安心。
もちろん、この間書いたとおりの作戦で行きました。
(というか、他に取れる作戦ないし)

赤い方の優勝旗が春の大会のもので、紫の方が秋の大会のものです。
春は43年ぶり2度目、秋は初優勝だそうです。

春と秋の優勝旗が一箇所に集まるなんてあまりなさそうなので、記録に残しておきました。本当はこれに夏の大会の優勝旗があるとカッコよかったんだけどなぁ…

重力レンズで「こんなガンダムは嫌だ」 

昨日のエントリで「自前で用意した画像でやってみたい」と書いたら、
た さんから「こんなのあるよー」と教えてもらいました。

■Lens an Astrophysicist!

リンク先の[URL to lens:]というところに好きな画像のURLを入れると、その画像を使って昨日やったのと同じことができます。

と言うわけで、少し遊んでみました。
RX-78ガンダムを元絵にして「こんなガンダムは嫌だ」をやってみました。

rx-78-2.jpg


内股で女の子みたいなガンダム

uchimata.jpg


ガニ股で主人公メカっぽくないガンダム

gani.jpg


減量に失敗した曙みたいなガンダム<弱そう

akebono-g.jpg


隅っこに追いやられて立場がなさそうなガンダム

semai.jpg


増やしすぎちゃった

more.jpg


敵は数億ですよ!?
完成しているジオングがただの一機で、
他にどんな方法があるというんです!
ありはしませんよ!!


的なシチュエーションのガンダム


infinity.jpg

やっぱりダイナミックプロは凄いぜ 

■地上最強の男 竜

「つぶらひでとも」で検索をかけてたらなぜかこんなところに。
せっかくだからと見てみたら…

「おれは地上最強だ」
「どんな奴も0.2秒であの世に送ることが出来る」
武器は持たない カラテだ!

のっけから、何この迷言。(´Д`)

「イ イエスが復活して最初の奇跡を起こした!
 世界でいちばん強い男をよみがえらせた!
 宮本武蔵と、あのブルース・リーを!

ここ見た瞬間にもう .∵・(゚ε゚ )ブッ!! って感じですよ。
そして、さらにぶっ飛んだオチに脱帽。

参りました。

ガンダム・ザ・ライド(本物) 

■ガンダム・ザ・ライド(本物)(のまのしわざ より)

とりあえず、相模湖ピクニックランドがある意味すごいことだけはわかった。
しかしなんでこんなにキレイなんだ?新品?

重力レンズ 

授業で重力レンズの話をするので、
なんか良いものがあれば良いなぁ、と思い色々探してみる。

■重力レンズシミュレータ

重力レンズをJavaAppletでシミュレートしてくれるサイト。
マウスでドラッグすると、ブラックホール(?)がグリグリ動き、
元の画像や座標がどう曲がるのかをシミュレートしてくれます。

面白い。
できれば自前で用意した画像でどうなるのかできればうれしいけど…
JavaAppletじゃなくて、フリーソフトかなんかでないものでしょうか?
↑贅沢言うな


■地球の前に ブラックホールが来たらどうなるか?

earth.jpg

こちらは、地球の前にブラックホールが来たらどう見えるのかを
シミュレートしています。動画もあります。

なるほど、エグゼリオ変動重力源が近づいた時は
地球はこんな風に見えていたってことか。

それでも僕はバントのサインを出す 

■高校野球 送りバントの多さへの提案
(誠天調書より)

まず最初に、僕は高校野球の監督です。
ただ、高校野球といっても甲子園と言った華やかな舞台もなければ活躍しても取り上げられないと言う軟式野球の監督ですが。

そんな日陰の存在ではありますが、それなりに結果は残しています。80校近くが参加する地区大会で優勝し、関東大会でも3位になった実績があります。その立場で上記の記事について自分の思ったことを書きます。

もちろん、軟式野球と硬式野球ではプレイスタイルが違います。
当然作戦にもその違いが反映されるのですが、その点をご理解いただいた上でこれから書く文章を読んでいただければ幸いです。

結論から言いましょう。
僕はこれからも送りバントを控えることはないでしょう。

なぜか?
その方が確実だからです。

上記の記事では「そんなわけはない」というデータも出ていますが、そのデータのナンセンスさについては後で触れることにしておいて、まずは「確実に点を取りに行くことの重要さ」について書きます。

基本的にトーナメントで争われる高校野球は、負ければ全てを失うシビアな世界です。チーム間に力の差があれば強攻策に出て打ち勝つ、ということもあるでしょう。しかし、勝ち進んでいけば力の差は自ずと狭まり、拮抗した状況のもとで戦うことをいずれ強いられることになります。そういう相手と対戦した時に、チャンス(得点が取れる状況)が作れないようでは負けてしまいます。

ランナー1塁の時は長打を打たれなければ点は入りません。ですが、ランナーを2塁、3塁に進められれば、シングルヒットで点が入るのです。そして実際にプレイして守っている選手は、そのような「点が入ってしまう」状況にこそプレッシャーを感じるものなのです。

もちろん、チャンスを作ったからと言っていつもいつも点を取れるとは限りません。しかし確率的に考えて、チャンスの少ないチームよりも多いチームの方がより多く点を取れる可能性があるのは自明です。極論すれば、

そのようなチャンスを多く作れるチームこそが「強いチーム」

なのだと僕は思います。

試合に勝つのにビッグイニングは必要ありません。
どのチームも攻撃は9回もできるのです。
そのチャンスを半分もモノにできれば5点も取れるんですよ?

「でも、強攻策に出た方が点入ってるじゃん」

というのが上記記事の「データ」なのですが…
送りバントが「1点を確実に取りに行く」作戦である以上、平均得点が1点を切るのは当たり前(得点に結びつかないケースもあるだろうし)で、一方で1回に5点も10点も入ることがあるヒッティングの方は平均得点が1を越えることは十分考えられるわけで、もとから同じ土俵には立ってないわけですよ。
そんなものを比較してどうするのかと。

例えば、ノーアウト1塁の場面で

送りバントをして10回中5回得点平均得点は0.5点
(作戦の性質から考えて、得点数は1点としました)

となるわけですが、

ヒッティングに出て10回中1回得点に結びついて10点取りました!
平均得点は1.0点

となるわけです。
この結果から「平均得点が多いからヒッティングの方が有利」というのは

一昨日は0対3で負けました。
昨日も0対3で負けました。
でも今日は9対0で勝ったので、
平均すると3対2だから結果的にウチの勝ち。

と言っているのと同じことです。

まぁ実際、得点する確率はそんなに差がない…
(送りバント46.8%、ヒッティング49.5%)

というか数字だけで単純に比較すると送りバントの方が少ない、というデータが出ているようですが、サンプル数が少なくて数%の差が果たして決定的な差なのか疑問が残ります。また、「ヒッティング」の中には「ヒットエンドラン」の指示が出ていたものも少なくないハズなので、実際に自由に打たせて点を取ったものとの比較ではない、ということは指摘しておきます。

もちろん試合の流れによって強気で行く場面もありますが、
「どうしても点が欲しい場面」で送らないのは愚の骨頂だと僕は思います。

下に挙げるように「送りバントは決して確実ではないんだ」という主張もしているようですが

    このように見てみると高校野球では、回の先頭打者がランナーに出た場合、打ちに行った方が良いように思われる。確かに、送りバントをすればダブルプレーは減らせるのかもしれないが、点数が取れる確率が下がるのでは意味がないのではないか。しかも、ダブルプレーになる確率自体、10%程度と低く、それこそ送りバントの成功確率が先述のように約87.3%なので、バントを失敗する確率(12.7%)の方が高いのである。

強攻策に出てダブルプレーになる確率
バントしてランナーを送れなかった確率
そもそも考えている事象が違うので比較しちゃいけないと思います。

ランナーを送れない確率で言ったら、強攻策の方が圧倒的に多いでしょうに。

長くなっちゃったのでまとめます。
繰り返しになりますが、

試合に勝つのにビッグイニングは必要ありません。

何試合もやって1回来るかどうかわからないビッグイニングに期待する野球をするくらいなら、僕は得点圏にランナーを着実に送ってコツコツ点を取る野球を選びます。

だから、僕は今度の試合でも送りバントのサインを出します。

[追記]

と、ここまで長々と書き終わった後で、

「WBCで優勝した日本の野球がどういうものだったかを考えれば、
 送りバントの重要性は一発でわかるよね」


と一言言えば済むことに気がついた。orz

[さらに追記]

その後の話も書きました。

モデルチェンジしたアビオス 

■走る楽しみと喜びを思い起こさせる大人の自転車 「アビオス」新発売

この間取り上げた話(誠天調書さま、ありがとうございます)ですが、
プレスリリースが出ていたんですね。

今回のモデルチェンジで変わったところと言うと、

  1. アビオスツアラー
    • タイヤの太さ変更(1インチ→1.25インチへ)
    • サドルバッグ標準装備

  2. アビオスプレイヤー
    • フロントギアが2枚になって14段に
      (前はフロントギア3枚で21段)
    • サドルバッグ標準装備

  3. アビオス・B8
    • サドルバッグ標準装備(これだけかな?)

くらいかな。2004年モデルのアビオスプレイヤー所有者の僕から見ると、アビオスプレイヤーの仕様変更の変遷がすごい。

■ギア
 2004年:フロント1枚×リア7枚の7段変速
 2005年:フロント3枚×リア7枚の21段変速
 2007年:フロント2枚×リア7枚の14段変速

■タイヤ
 2004年:1インチ
 2005年:1.25インチ

特にギアはどれだけ迷走すれば済むのかというくらいコロコロ変わってる。個人的には7段で十分だと思うんだけど。時速40キロで巡航するときに使うようなアウタートップなんか誰も使わないと思いますよ?

あと、タイヤは1インチの方が良いと思うんだけどなぁ。
30mm越えたタイヤだと、ママチャリと大して感覚変わらないんじゃ…?
最上級モデルのツアラーだけでも1インチにしておいた方が…
とは思うんだけど、この仕様変更の背景にはコスト面の問題もあるだろうし、あまり強くは要望できないけどね。

でも、アビオスからタイヤの太さが1インチのモデルがなくなると
チューブの在庫とか思いっきり心配になるんですが。(汗)
現状でも取り寄せないとダメだからなぁ…

ポスターセッション 

物理学会に行ってきた。
学会に参加するのは久しぶり。

と言っても今回は自分が発表するのではなく、
生徒の発表の引率だったわけですが。

待ち合わせてから会場に行こうとしたのですが、
参加予定の生徒の一人が待ち合わせの時間になっても来ない。
いくら待っても来ないため、連絡だけは入れて先に行くことに。

会場に到着し、自分達の出番を待つことに。
待っている間に、まだ来ていない生徒から連絡が入る。

「今起きたんですけど…」

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

ちょっと待ってくれ、それはないぜ…
と心の中で思いつつ、「仕方がない」とその場では生徒を慰める。
発表キャンセルの連絡をすることにした。

一方、こっちに来ている生徒の方は、理論で少々難しい話に取り組んでいるにも関わらず、次から次へとやってくる学生を相手に頑張っていた。結局僕が助け舟を出すことなく発表時間を乗り切った。

その後、優秀作品の表彰式でした。
審査員の講評が軒並み

「独創的な発想で実験を行って…」
「身近なことに興味を持って実験を繰り返し…」


実験系の話ばかりするので嫌な予感はしていたんだけど、案の定何ももらえず。

会場での評判は良かったのに…残念。
賞ももらえず、講評にも話題に上らず、

「審査員は俺たちの存在を無視かよ」

という気持ちは正直あるのだけど。
そういう気持ちもあってか、表彰の後にあった講演はサボった。
(別に中座するのを禁止していたわけではないので問題ないんだけど)

帰りに秋葉原でメシ食って帰った。
かなり様変わりしてしまった秋葉原だけど、飲食店が増えたのはありがたいと思った。まぁ、それがオタクにとって居心地の悪い場所になっていった原因にもなっていると思うのですが…

蒼々坊 

■蒼々坊

に行ってきました。

駅から少し遠い上、細い道に入るので見つけるのに一苦労した。
黒い大理石(?)に囲まれた階段を降りて、入り口に。
これまた黒い大理石でできた壁にかかっている店の看板に、

「ここは昔、お姉ちゃんと一緒にお酒飲む店だったんだろうな…」

的な疑惑を抱く僕。
店に入ると、床とバーカウンターと二人がけの椅子が。
しかもそれら全部黒い大理石でできてる。その、

「いかにもお姉ちゃんが出てくる飲み屋」

的な内装に、僕の疑惑は確信に変わったのでした。
個室に通されると「座ったらコース」と言われる。
一番安いコースにした。

最初に、野菜の煮汁が出てきた。
味がない。<比喩ではなく本当に味がない
健康的なんだろうけど、薄味でもいいのでせめて塩味とか…
いきなり出鼻を挫かれる。

そんな感じでコースは進み、シメのシャーベットを食べ終え、

「体に優しく味二番」

本当の意味を痛感した。
要するに美味くない。

全部が全部ダメ、というわけではないんだけど…
コースの料金払ってる身としては割に合わない感が強い。

多分、次はないな。

恨み星:★★★★

SADEU 

■SADEU

新宿で時間を潰さないといけなくなって入った。

特にお腹が空いているわけでもなかったので、麩まんじゅうとお茶のセットを頼む。お茶はいくつかあってそこから選ぶんだけど、玉露にした。

で、玉露を飲む。

美味い。
何これホントに緑茶?


って言うほど旨みがある。
緑茶なんてあんまり変わらないだろ?
と思っていた僕は正直驚いた。

お湯のおかわりは自由だということだったので、
何杯も頂くことにした。
さすがに4回も5回も淹れると味がなくなってくるけどね。

値段が若干お高めなのが気になるところだけど、
それでも新宿でちょっと時間を潰したいときとかは寄ると思う。

恨み星:なし

私は運が良い… 

大会準決勝。

ルーマニア国旗(みたいな旗)のプレッシャーにも負けず、
勝った、勝ったよ!

春に続いて決勝進出。
これで監督に就任して2回目の関東大会出場。
まだ3年目なのに、なんて運がいいんだろう。

終わらない2 

修羅場突入。
昨日から寝てない。

うがー。

授業を終えても休めず。

うがー。

そんな1日。

終わらない 

授業。
よりも、他のことで時間を大幅に取られる。

仕事終わらねー。(つД`)

オーバー・ザ・トップ 

体育祭2日目。

カメラマンぶりは相変わらずなんだけど、
今日は教員対抗の競技があったのでそっちにも参加する。

種目は腕相撲。
勝ち残ることは考えてません。
だって弱いもん。

ですが、組み合わせでお年を召した先生と当たってしまい、
負けるわけには行かない状況に。

まぁ勝ったのですが、かなりの辛勝。
ホントに非力だな俺。orz

案の定次で負けた。

カメラマン 

体育祭だった。

僕は協議に参加…
しないで、体育館やグラウンドを行ったりきたりしては生徒の写真を取りまくってた。

ブエルタ2006 第21ステージ 

vino4.jpg

昨日のTTの勝利で総合優勝を確定させたヴィノクロフが最終ステージを走りきってグランツール初優勝。ヴィノクロフは特に今シーズン色々あっただけにねぇ…

アスタナは今年のブエルタで5勝。(うち、ヴィノクロフは3勝)
ダニエルソンとカシェキンに勝利を譲った場面もあったから、空気読まないで勝ちにこだわったら凄いことになってたんだろうな。それだけ今年のブエルタでのヴィノクロフは強かったってことでしょう。

特に、カザフの首相が来てた弟9ステージと、ヴィノクロフの誕生日だった弟20ステージの勝利はかっこよすぎて涙が出てくる。ヴィノクロフはこういう大事なときに何かやってくれるから良いよなぁ。
前にも、親友の命日に勝利をささげる場面もあったし。
(参考:パリ~ニース2004第5ステージ 亡き同郷の友に捧げるステージ優勝)

おめでとうヴィノクロフ。

zabel2.jpg

そしてツァベルが今年のブエルタで2勝目。
ポイント賞を取ったハスホフトよりも勝ってます。
ペタッキがバスと喧嘩してくれたおかげでこんなご褒美が!<違

それにしても、グランツールの最終ステージとは…
いいところでプロ通算200勝目をあげたなぁ。
おめでとうツァベルおじさん。

関連:
■ブエルタ2006 第21ステージ(空...  あ り ま すより)
■ブエルタ・ア・エスパーニャ第21ステージ(woodsmithの日記より)
■ぎゃーーー(tannenbaum居眠り日記zzzより)
■オイ!(独断的自転車見聞録より)
■ブエルタ・ア・エスパーニャ2006 第21ステージ(昨日の風はどんなのだっけ?より)
■元Tモバイルの選手2人が大活躍で
■今季苦しみながらもツァベルが優勝(上記2つmas.ciclismo小ネタ通信より)

強羅絶対防衛線で蕎麦を食べる 

仕事続きで疲れてしょうがなかったので、箱根に行ってきた。

あいにくの天気だったけど、電車に揺られながら箱根湯本へ。
いかにも温泉街、というたたずまいとたくさんの観光客がお出迎え。
案内板の地図を見て「第二芦ノ湖は?」
観光地に来たというのに、アニメが僕の頭から離れない。

そのまま箱根登山鉄道に乗って、強羅絶対防衛線へ。
スイッチバック、スイッチバック…
そういえば「D-LIVE!!」にも箱根登山鉄道が出てきたな。
漫画も僕の頭から離れない。

強羅で昼食。
喜楽荘おしぼりせいろを食べる。
実際に頼んだのは箱根御膳(下の写真)だけど。

gozen.jpg


辛味大根の絞り汁だけで蕎麦をいただくんだけど、これが美味い。
こんな食べ方があったなんて…
その辛味大根の絞り汁に味噌をといて入れて食べるとまた美味い。

辛味大根が手に入ったら自分でもやってみよう。

その後、色々回って(つっても雨なので行ける所はそんなにないけど)、お土産を買って帰った。日帰りじゃなかったらもっとよかったんだけどなぁ。

ハードスケジュール 

今日は休み…ではなく、部活の大会でした。
が学校で保護者会を予定しているため、試合の直前で抜けました。

あー、試合の内容が気になる。
そんな中で保護者会。
相変わらずの段取りの悪さ。反省しきり。

「なんて頼りにならない教師だろう」

と思われているに違いない。
絶対そうに違いない。

保護者会がそろそろ終わりそうになってきたところで、
大会の方に出ていた保護者が入ってくる。Vサインを確認し、一安心。

来週は大勝負だな。
たまたま学校に戻ってきていた部員に、

「相手の学校は野次がきついので、こっちも

『目には目を 歯には歯を ダイヤモンドにはダイヤモンドを

 作戦で行こうじゃないか。たとえば(以下野次の具体的内容が続く)」


と提案したら、部員に

「先生、某宗教団体に対する野次は
 身の危険に関わるのでやめてください」


土下座をせんばかりの勢いで懇願された。

デスクワーク 

授業が終わった後でひたすらデスクワーク。
終わらねー。orz

そんな日に限って会議とかあるのな。
サボりたいけど、立場上そんなわけにもいかない。

で会議に出たんだけど…
オブジェの作成担当者の見通しが甘いせいで、ものすごく難航した。
だから、その考えどおりに造ったら倒れる可能性高いんだってば。
しかも、寸法を聞いたらものすごくアバウトだし…
他の生徒もフォローを入れるんだけど、ことごとく的外れだし…

やっぱり物理がわかってない人間に設計をさせたらダメだな。
本当は教員側の担当者がちゃんとチェックをすることになっているんだけど、果たしてちゃんとやってくれているのか…会議にも出てこないしさ。(´Д`)

そんなこんなでやろうと思っていたデスクワークの時間が延び、結局夜遅くまでやるハメになった。ホントもう勘弁してくれ。

これが本当の自転車操業?<誰がうまいこと言えと 

■【自転車】バン、経営難で活動見通し立たず…最悪解散も

    自転車ロードレースの最高峰、ツール・ド・フランス出場を目指して今季発足したバンの長弘昌代表取締役は13日、経営難で来季の活動見通しが立っていないことを明らかにした。来季のメーンスポンサーが見つからなかった場合は、解散する可能性もある。20~24日のロード種目の世界選手権(オーストリア)に出場する福島晋一や新城幸也らが所属。今季の運営費は約5000万円だった。

工エエエェェェェ(゚Д゚)ェェェェエエエ工

発足したばっかじゃん!
チームも選手も結構頑張ってたのに…
どこかスポンサーになってやれよ…


■ブリヂストンサイクル、大人の自転車を発売

    自転車本来の走る楽しみと喜びを思い起こさせる大人の自転車として開発、スポーツ車の先進国である欧米のモデルでも無い日本の風土・日本人の体格に適した機能を備え、高級感のある高機能の新スポーツバイクとしてまとめた。

    団塊の世代の開拓も狙い、新しいものに敏感な30~50歳代を中心とした、ライトスポーツ需要の獲得を狙う。

またモデルチェンジするんだ。
俺のアビオスは初期のモデルですが、バーエンドバーがついてボトルケージもついて、元々のコンセプトだった「スーツが似合う自転車」とは真逆のベクトルを向いた仕様になってしまいました。(下の写真)
普通にバイカーズパンツはいて乗っちゃうしね…(´Д`)

abios.jpg


■飲んだら動かない車、日産が開発へ

    日産が開発を目指すのは運転席に取り付けた装置で運転者の飲酒をチェックするシステム。運転者がストロー状の筒に息を吹き込み、測定器がアルコールを検知するとエンジンを始動できないようにする。運転席にカメラを取り付け、居眠りを感知するシステムと連動させるなど様々な技術を検討する。(9月13日16:00の記事)


■飲酒運転なくす方法考えた

    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/12(火) 22:12:16.71 ID:pv69J11jO
    車にアルコール検知器を搭載して
    毎回それにふーしないとエンジンかからない様にすればよくね?
    もちろんアルコールが検知されたらエンジンはかからないようになってる

あまりにもタイムリーすぎて吹いた。

幾百、幾万、幾億の星よ~(by 一千万年銀河) 

■128億8千万光年、最も遠い銀河発見 すばる望遠鏡

    地球からの距離が約128億8000万光年と、これまでで最も遠く離れた銀河を、国立天文台や東京大などの研究チームが発見した。ハワイにあるすばる望遠鏡で観測した。約137億年前のビッグバンで誕生して間もない宇宙の様子をとらえたことになり、宇宙の進化の研究に役立つという。14日発行の英科学誌ネイチャーに発表する。

ビッグバンが起こったばかり(※)の銀河か!
(※)つっても10億年くらい経ってるわけですが。

うわー、ヴィノクロフ!! 

vino3.jpg

■アレクサンドル・ヴィノクロフ、世紀の逆転劇
(mas ciclismo ブエルタ・ア・エスパーニャ 2006 より)

最後の坂でヴィノクロフが切れ味鋭いアタックを見せれば
アシストがいなくなったバルベルデが底力を見せて追いつく

かと思えば下りでヴィノクロフが再度アタックして差を広げ、
先頭で逃げていたダニエルソンと協調してタイム差を広げにかかる。

一方、カシェキンは逃げているヴィノクロフをサポートするために
バルベルデの後ろについて消耗させる。


ダニエルソンが先頭でゴールし、ヴィノクロフは2位に。
ボーナスタイムでバルベルデを逆転した。

今日のステージ、密度濃すぎ。
今年のブエルタの中で1番面白かった。
ライブで見てて(夜中なのに)興奮しまくったよ。

でもたった9秒差。
まだまだ山岳もTTもあるので、これからが楽しみだ。

そして、区間優勝したダニエルソンおめ。
山岳ジャージをゲットしたエゴイ・マルティネスエステバンもおめ。
(このブログでは、チーム・ディスカバリーを応援しています)

麻生太郎キタコレ 

■麻生太郎オフィシャルサイト
■秘書から渡された新聞にびっくり!?
(Tentative Name. より)

そりゃ、

街頭演説の60%が「日本のアニメや音楽」

の話で占められていたら、そういう記事も書かれますって。

早くDS買わないと>俺 

■オリジナル要素が加わり楽しさも倍増 DS「三国志大戦DS」

うわぁ。
こりゃ中毒者続出だな。

現実逃避 

仕事が終わった後で、溜まっている仕事を紙に書いていった。
なんで「締め切り・明日」とか「締め切り・今週中」とかばっかなのよ?

俺、別に悪いことしてないよ?(本当)

…。
とりあえず逃げてみることにした。<えっ!?

今日までに貯まったつもり貯金:12550円

ちょっとペ様アンタ何やってるの!? 

■いよいよ最終週に突入 熾烈な争いの行方は?

    ロビー・マキュアン(オーストラリア、ダヴィタモンロット)も精彩を欠くまま早々にリタイアし、怪我から復活したアレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ミルラム)も100%の力を出すには至らず、第15ステージでは進路妨害の復讐としてランプレのバスを殴って骨折・・・。

(  Д ) ゚ ゚

ちょっとペ様!
アンタやっと割った皿治して復帰したのに、バスと喧嘩してまた骨折ですか。orz

この機会に全部見れ!! 

■「トップをねらえ!全6話」「トップをねらえ2!1~5話」無料配信イベント開催!

要バンダイチャンネルのメルマガ登録。(無料)
映像配信期間は14日(木)まで。
この機会に是非見れ!

でも見た人は最終巻も絶対見たくなるよな。

懐かしい 

■伝説の「RPG幻想事典」シリーズが再誕!! 新説 RPG幻想事典

当方にとって「RPG幻想事典」と言ったら飯島建男なわけですが、
そうなると

飯島建男
→抜忍伝説
→ラスト・ハルマゲドン
→最後の審判(小説版ラスマゲ)
→小説未完のまま
→そう言えば連載していたPOPCOMの末期は悲惨だった
→ていうか飯島建男は今何やってるの?
→それにしても抜忍伝説とかBURAIとかラスマゲとか…

飯島建男ループから逃れられなくなってしまうので、旧シリーズを引っ張り出してきて端から端まで読んだりしません!しませんってば!!<あやしい

結構いるなぁ 

■単行本をトータルで100冊以上出している漫画家

結構いるなぁ。
長期連載を持っていたり、現在長期連載中の漫画家は基本的に入っているのですが、中にはそうでない人もいたりして…

意外なところでは克・亜樹とか。
島本和彦も一つの作品がそんなに長く続いた印象がない(単行本が一番多いのが吼えペンの13巻)のに、100冊超えてるんだもんなぁ。

それにしても、水島新司の450冊は異常。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。