スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リブストロングにも程があるw 

■自転車のアームストロング、現役復帰を表明

    また、米誌バニティ・フェアのウェブサイトに9日掲載された単独インタビュー記事で、アームストロングは来年のツール・ド・フランスに無報酬で出場し、大会8勝目を狙う意向を表明した。アームストロングはまた、ドーピング(禁止薬物)検査結果を公表し、薬物疑惑を否定した。

ちょw
ランスさんなに表明してるんすかww

ただ、本当に8勝目を狙うとしたら大変だろうなあ。
ノーギャラと言ってもチームには所属しないといけないわけだし、
ツールで勝つためにはアシストの存在が不可欠であるのはすでに常識だし、
監督の立てた作戦をちゃんと実行できるチーム力がなければ、いくら個人の
力があっても勝てないというのは今年のツールで実証済みだし、
かつてのチームメイトは方々に散ってみんなライバルだし、
ホントに勝ちに行くかは半信半疑だなぁ。


■無人でも倒れない、不思議なジャイロ付き自転車

原理は普通にわかるがこいつは凄いぜ!
でもカーブ曲がるときが大変だと思う。
フライホイールが回転してるときは自転車倒しにくいだろうし。
スポンサーサイト

改正道交法が施行されて 

■自転車乗りながらヘッドホン禁止になったわけだが(VIPPERな俺より)

あまり変わってないな、というのが正直な感想。

相変わらず無灯火は多いし、
ヘッドホンしながら運転してる連中なんてザラだし、
携帯しながら蛇行運転してるのもいるし、

高校生の運転は全然変わってないですよ。
仕事柄目に付くだけなのかもしれないけど。
これは、周知のさせ方に問題があるとしか思えない。
学校のHRで道交法が改正されたってアナウンスして、一体誰が言うことを聞くと思ってるんだか。
ニュースでも色々やっていたような気がするけど、高校生くらいじゃあまり意識しませんね。

僕は普通に警察の皆さんに頑張ってもらうしかないと思うのですが、
うちの職場の近くのおまわりさんは普通にスルーなのでホント困る。
仕事してよ…

意外なところで意外な名前を見つけて驚いた件 

■2008世界大学選手権自転車競技大会(mas ciclismo Race Resultsより)

自分の教え子が普通に名を連ねていて吹いた。
調べてみたら、結構結果を残してるのね。
頑張って欲しいと思う。

ジェット 

■チャリンコで時速120kmオーバーを出す技術

ロードバイクにジェットエンジンなんかつけたら変なところにすっ飛んでしまうがな。(´Д`)
リカンベントとかトライクにしなさい。

つーか、自転車の最高速度って普通に120km/h越えてなかったっけ?

改正道交法 

■自転車は歩道走るな! で事故は減るか

    気になったのが、歩道通行だ。これまでも「3か月以下の懲役か5万円以下の罰金」となっていたが、むしろ車道は危ないから歩道を走れ、で定着してきた。これが、70歳以上と13歳未満だけOKで、他はみな車道へ出ろということか。

今も昔も「自転車は車道」が原則ですが?

    ルールを守ったばかりに、車にはねられたらどうするんだ。

それははねた車が悪い決まってるだろ。
むしろルールを守ったのに危険にさらされてしまう状況を肯定してしまうのがおかしい。
なんで矛先が自転車の車道通行に向かうのかがわからない。
「弱者優先の原則を守れ」と車のドライバーにアピールするのが普通じゃないの?

ま、ワイドショーとかを見てる層にそんなこと言っても無駄か。


■【主張】改正道交法 自転車マナー向上も大事

    改正法では、自転車が歩道を走行できるのは道路標識で指定された場合に限られることとなり、原則、車道を走ることが明記された。当然のことである。

    通行人の多い歩道を、わが物顔で全速力で走行する自転車が目立つ。一歩間違えば死亡事故につながる。夜間の無灯火走行の禁止とともに、自転車は車道というルールを再確認する必要があろう。

    携帯電話や、傘を差しながらの片手運転、ヘッドホンを使用しながらの運転も、禁止が明記された。至極当たり前のことだ。

太字部分に関しては全くその通りで、是非やめろと思う。
が、同時に我が物顔で車道を走っている自動車も、もう一度弱者優先の原則を再確認する必要があると思う。マナー向上を要求されているのは何も自転車乗りだけではなく、道路を通行する全てに対してだということを忘れないで欲しいですな。

自転車の車道通行について 

ko.jpg


↑埼玉県某所にある慶応通り。
青いのが自転車専用レーン。
ちゃんと車と自転車と歩行者の分離ができていてうらやましい。

全国的にこういう流れになってくれたら良いのに…と思っていたのですが、
どうも雲行きが怪しい様子。

■書かねばならないことがこんなにも、の(週刊 自転車ツーキニスト329)

    ●警察庁の二枚舌(自転車生活VOL.15(次号)「芝浦自転車研究所・疋田智のツーキニスト余話」)●

     国会議員会館で去年2月「パンドラの箱」を開けたはずの警察庁。自転車は「原則・車道通行を徹底させる」になる筈だった。
     ところが、先日の自転車議連の総会、つまり、前回と同じ席で、警察庁の担当課長は、驚いたことに「前任者の言ったことなど、知りません」とぬけぬけと言い放った。
     結局、自転車が歩道に上がるための要件が、驚くほど大幅緩和されての今回の法施行になるそうだ。
     なんということだ。警察庁はやはり大嘘を吐いていたのだ。
     予想通りだったとはいえ、われわれ自転車人は大いになめられていた。この1年の間にいったい何が起きていたのだろうか。

前任者と仕事の引継ぎもロクにできない奴なんかクビにしろよ…
いや、もちろん前任者がなんと言ったかわかってて発言してるんだろうけどさ。


    ●もういい加減に「対面通行自転車レーン」は捨ててくれ(バイシクルナビ6月号(次号・5/26発売)「疋田智の自転車多事争論」)●

     幡ヶ谷、亀戸の自転車レーンのモデル地域に行ってきた。そこにあったのは呆れかえる惨状だった。見えてきたのは「まったく自転車のためにならない自転車レーン」という現実だ。
     中でも亀戸の対面通行については、従来から指摘されてきた危険性(衝突エネルギーの話など)以上に、物理的に避けられない致命的な欠陥があった。
     これが良しとされるのであれば、自転車事故は間違いなく急増する。
     全国の対面通行自転車レーンは今すぐに撤廃すべきだ。担当官はもう一度、一から自転車というものの特性を考えていただきたい。考えられないのであれば、自転車レーン建設などという仕事からは、いっそ手を引いていただきたいものだ。

まさかと思ってググったら、本当だった

もうね、アホかとバカかと。
車に変わる移動手段として自転車を活用するとか言っといて、扱いは歩行者と同じ…

要するにあれだな。
日本は道路を走る車の数を減らしたくないわけだ。

んで、たくさんガソリン入れてもらって、税金集めて、それをまた道路に使って、
公共事業を請け負ってる企業に集めた金の一部をばら撒いて、
その金で食ってる人たちにまたガソリン入れてもらって、税金集めて、それをまたb(ry

というサイクルを崩したくないんだろ?

あーあ。

祭りの後 

一昨日のセンチュリーライドですごいことになってしまった自転車を
なんとかしないといけないんだけど、自分の手に余るようだったのでショップ行き。

オーバーホールをお願いしました。
買ってから1年半経つし、時期的にも良いんじゃないと思うことにした。

センチュリーライド 

■初開催のTOKYOセンチュリーライドに1,923人が参加

もちろん僕も参加したわけですが、いやぁ大変だった。
それだけに達成感もあるわけですが…

行きは少雨だったんですよ。
だからまだ良かったんだけど、30km過ぎた地点から雨足が強くなってきましてな。
折り返し地点はかなり大粒に。orz

途中、未舗装の道を走らなきゃいけなかったもんだから泥を跳ね上げちゃって…(´;ω;`)
やっとの思いで感想しました。

でも荒川は良いなぁ。道が広くて。
ただいつの間にかできていた20km/h制限が気になるっちゃあ気になるけど。

自転車関係色々 

■男子ロードは別府が優勝 自転車アジア選手権最終日

とりあえずおめで㌧。


■自工会:自転車との「共存」対策に本腰 専用道整備など

    自工会の自転車対策について、警察庁交通企画課の池田克史交通安全企画官は「車との共存は自転車対策の大きな柱で大変有意義なこと」と話す。交通評論家の角本良平さんは「やっと車中心社会から日本が脱し始めた。自転車道整備はパリなど欧州で進んでおり、世界的な流れになっている」と評価する。

いいぞいいぞもってやってくれ、いややってください。
あとはDQNドライバーの教育だな。

「め組の大吾」の悪夢再び 

あと30分で卒業式が始まるけど、そんなこと言ってられるか。

■「シャカリキ!」に駆ける!人気自転車マンガがD‐BOYSで映画化

    亀ヶ丘高(亀高)に転校してきたテル(遠藤)が自転車で颯爽と坂道を駆け上がる姿を、ポッポ(中村)ら自転車部員が目撃し、無理やり入部させる。インターハイでテルは宿敵、鳳帝高のエース(鈴木)の挑発に乗り、失格に。亀高自転車部も廃部になってしまう…。テルの姉、サユリ役に中越典子、部員の母親役に中井美穂、亀高校長役に柄本明、教頭役に温水洋一、自転車部監督役にネプチューンの原田泰造ら豪華キャストを迎える。

突っ込んだら負けとかいうゲームですかこれは?
単語単位で突っ込まざるをえないだろこれは。

一兆歩譲ってハリス・リボルバーがいないのは良いとしよう。
しかし由多比呂士とユタが亀高にいない時点で物語のバックボーンがなくなるだろ。
なんでユタが鳳帝にいるんだよ…
そして鳩村の名前が酷すぎる…炎のマイヨは一体どこに…

はい地雷決定ー。
とりあえず見るけどさ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。