スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きさまの体は動かない!!」「おれの体は動く!!」「動かない!!」「動く!!」 

■「LOST+BRAIN ロストブレイン」は何故つまらないまま終わったのか

マンガとしてしょぼかったのは事実だけど、自分は結構楽しんでましたよ。
特に終盤、氷山と九遠寺の直接対決の場面では、

とうとう「まぼろし佑幻」みたいなバトルが再現されるのか!?
(「まぼろし佑幻」ではこのエントリのタイトルのようなやり取りがガチでありました)

とワクワクしていましたよ。
でも実際はそうはならなかったのでガックリしましたが。(´・ω・`)
スポンサーサイト

渡り鳥 

■掲載誌の休刊によって複数の雑誌を渡り歩いたマンガいろいろ(誠天調書より)

「渡り鳥連載」と聞いて思いつくのは

コミックガンマ→ドラゴンジュニア→アフタヌーン増刊→アフタヌーン

の「影技」かなぁ。現在休載中だけど。
リンク先でも言われてるけど、コミックガンマやキャプテンは渡り鳥作品が多い気がする。
あとはコミックコンプとガオとかね。

漫画に埋もれて 

■マンガに埋もれ、仙台市の男性が死亡-地震での災害死の可能性も(日刊スレッドガイドより)

やべぇ、他人事じゃねぇ!
(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル!

皆さん気をつけましょう。<お前の部屋が異常なだけだ


    89 :なまえないよぉ~@全板トナメ開催中 :2008/06/16(月) 14:10:29 ID:fpMO1OtP
    cancanとかJJとかスイーツ雑誌も殺傷力が高い
    一度足の甲の上に落として泣くに泣けなかった・・


    97 :なまえないよぉ~@全板トナメ開催中 :2008/06/16(月) 14:19:47 ID:Y9y97Rcf
    >>89
    こんどの「ゼクシィ」は4kgあるらしいから、普通に氏ねるなwww

ゼクシィやばすぎる。


■渋谷駅。JR駅構内案内図は糞の役にもたたない。(電撃速報!より)

あれはかなりサディスティックな人が作ったダンジョン
地下鉄のホームが地上3階にある時点で
嫌がらせをするために設計したとしか思えない。

神聖モテモテ王国 

コミックパークで神聖モテモテ王国の7巻を注文してたんだけど、それがやってきた。
6巻までは出ていて自分も単行本を持っているんだけど、それ以降の話については
単行本化されてなかったのよね。

雑誌で読んではいたけど、やっぱり手元に置いておける形になったのはうれしい。
普通の単行本と比べるとお高いけどね。このボリュームで1050円。
高いか安いか。

ヤングサンデー休刊 

■ヤングサンデー休刊が正式決定ということで、現在の連載作品がどうなるか予想してみる

Oddsが続けばそれで良いや。(ぉ
草場先生はファンタジスタ以降、恵まれないなぁ。

傍流志向 

■【WF08冬】で、みっくみくにされたよー\(^o^)/ (ニュー速クオリティより)

風香のムチムチ感はけしからん。
実にけしからん。(´Д`)


■最 強 の エ ロ 漫 画 家(ぬる速より)

ここで敢えてきのした順一を挙げてみる。<ぉ
ていうか、あずまきよひこは別名義だろww>35

最近のマンガ 

■PEACE MAKER 1巻 (皆川亮二)

主人公が「普段はパッとしないんだけど、決めるときは決める」という皆川作品らしい作品。
話の展開自体は結構ありがちなんだけど、それをあまり感じさせない。
そして、決めのシーンがいちいちカッコいいのは素晴らしい。

今後に期待。


■最近のサンデー

LOST+BRAINは突っ込んだら負けのような気がするけど、突っ込まずにはいられない。
九遠寺が出てきた時点で終了じゃないのかこれ。
マンガの方はそれでもなんとか続いているけど、設楽の存在がなかったらどうなるんだろう。
というか、催眠術で操られてない設楽がなんで氷山にしたがっているのか謎だ。

この間ワイルドライフが終わって、来週であいこらが終わって、DIVE!!がそろそろやばそうで、最近の入れ替わりが激しいサンデーの中にあって、それでも終わる気配を見せないMAJORは実は凄いんじゃないかと思えてきた。<多分勘違い


■最近のマガジン

ランディ・ボーイJr.が一歩とのスパーを避けた時点で
宮田に負けフラグが立った気がするのは俺の気のせいですか?


■最近のチャンピオン

ジャンは負けるだろ。

たまには漫画の話題でも 

いや、一応毎週欠かさず雑誌はチェックしてるんですよ?
適当に書いていくので話がポンポン飛びます。




最近のお気に入りは「Odds」(石渡治)。
題材が競輪だったので最初は敬遠していたのですが、読み出したらハマッた。

「何らかの理由で高校の頃まで続けていた競技を続けられなくなって、
 公営ギャンブルの世界に身を投じる」

という導入がなんとなく「モンキーターン」を彷彿とさせるんだけど、
麟太郎がロードの世界に戻るのならそうでもないか。
戻りますよね?>石渡先生

それはそうと、今やってる記録会(200mFD)の結果だけど、
普通に和尚とシーサーのワンツーだと思う。

しかし最近のヤングサンデーはすごいな。(特に作家陣が)
ここに満田拓也とか椎名高志とか富士鷹ジュビロ藤田和日郎といった名前があっても
全く違和感がない、っていうか今のヤンサンってまんま7~8年前のサンデーじゃん。

ガッシュが終わったら少年サンデーの講読やめて
ヤンサン1本に絞ってしまいそうな勢いだ。




少年サンデーの方で特に最近面白いのは「金色のガッシュ」だな。
特にここ数週の展開は涙こらえながら読んでた。
つーか、そこでコルル出すかよ…ていうかティオの立場がねぇ
そしてブラゴがまた空気みたいな扱いに。

まぁそれはそれとして、この盛り上がりは素晴らしい。
このクライマックスの盛り上がりのためだけに全巻買い揃えよう
と思っている俺ガイル。

やっぱり最後の一撃はゼオンとか?ゼオンとなのか?




少年サンデー連載の他の漫画でいうと、
最近の「あお高」はなんとなく「リベロ革命」とダブる。
もしかすると、甲子園での話はやらずにこのままクライマックスまで
行ってしまいそうな気がする。

「ギャンブルッ!」も実は読んでたり。
マガジンの「賭博覇王伝 零」とチャンピオンの「ギャンブルフィッシュ」と
気がついたらギャンブル漫画が3つも週刊少年漫画誌に連載されてるんですね。

今のところサンデーのやつが一番おとなしい感じ。
チャンピオンは無駄に露出度が高い。
マガジンは綺麗なカイジ。
つーか福本先生はカイジの方を早くなんとかして下さい。

真面目にギャンブルをやってる「ギャンブルッ!」が一番ご都合主義かな。
まぁしょうがないんだけど。




秋山醤は一体どうやってあの大谷から満点をもらうんだろう?

なんておそろしい子… 

■美内すずえと「ガラスの仮面」展

に行ってきた。最終日ギリギリ。
劇団つきかげの公演は見られなかったけど、今日は美内先生のサイン会があるらしい。サイン会まで時間があったので、とりあえずサインをしてもらう単行本(よく見たら初版本だった)を買って展示を見に行くことに。

入り口には紫のバラ。(造花だったけど)

bara.jpg

まぁ、ガラスの仮面と言えばこれだよね。

展示のメインは生原稿。
ガラスの仮面の年表もあったけど、俺が2歳の時に始まっていまだに完結していない作品の年表なので、いろんなところで無理が…そして紫のバラの人はお見合いの話が出てからギャグのように決まった行動を繰り返しすぎです。

1.婚約者と結婚をする決意を固める
2.偶然(桜小路とかと一緒にいる)マヤを見かける
3.嫉妬する
4.1~3を繰り返す

特に最近(つっても最新刊は2004年)は紅天女よりもこっちの方がメインになってるお。

展示を一通り見たところでサイン会の時間が近づいたので並ぶ。
ほどなく美内先生登場。
あなたが神か。←別の意味できわどい発言

signature.jpg

単行本にサインしていただきました。

それはもしかしてギャグで(ry 

■某サンデーの漫画家「もう自分の居場所はサンデーには無い。」(痛いニュースより)

タイトルからまず最初に久米田先生を思い浮かべましたが、そうじゃなかったんですね。まぁ一時期のサンデーに比べると、久米田先生の他に、曽田先生に村枝先生に河合先生に石渡先生…ざっと思い出してもこれだけの人が他誌(他社及び青年誌)に移ってるので、もしかしたら編集部側に何かがあるのかも知れませんが、果たして先に挙げた先生達の中に安西先生が入っていけるほどの印象を連載時に与えていたかと言うと正直微妙な気がするわけで…

安西先生は現在休筆中とのことですが、予定されているペンネームよりもオリジナリティあふれる作品を引っさげて復帰される日を待たせていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。